ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

健康~病いの早期発見・早期治療

今月の
誕生花は コスモス、花言葉は“乙女の純潔、真心、優美”、
誕生石はピンクトルマリン 、宝石言葉は“寛大・忍耐・友情”
今月は
10月、OCTOBER、神無月、乳がん健診・撲滅月間
今日の
誕生花は キンモクセイ、花言葉は“陶酔”、
誕生石は ムーンストーン(moonstone)、宝石言葉は“純粋な愛”
日の出 6:27、日の入り 17:38。月の出 16:22 月の入り 04:34
円ドル相場 1ドル=81円30銭(10銭安)
今日は
仏滅、秋の土用入り、あかりの日、孫の日、国際反戦デー
天気予報(福岡)/曇り・雨、最高気温/最低温度(23度/19度)、室内温度/25度。湿度~室外/室内(60/57%)(快適度範囲/40~60%)。熱中症・日射病情報/なし、紫外線情報~弱い、花粉症情報/イネ科の花粉に注意、光化学スモッグ/なし、黄砂/なし。
九州新幹線全線開通まで、あと162日
ブログ/生涯現役日々是好日(第1集)
ホームページ/日々是好日

a0093965_167306.jpg今年7月に町内の特定健康診断を受けた際、悪玉コレストロール値が143(基準値は61~119)と基準値をかなりオーバーしており、もともと循環器系疾患(脳心血管疾患)もあり、早期治療要のアドバイスを受けた。その治療のためT病院で精密検査及び治療薬を処方してもらった。

a0093965_1674732.jpg最近の病院は受付から支払いまでシステム化されており、
診察カード挿入(右の写真参照)→受診番号受領→番号札を受診科の窓口に提出→問診票記入→体温測定・血圧測定→担当医の診察→血液検査(注射器4本)→尿検査→心電図・(エコー)・動脈硬化度検査等

a0093965_1675972.jpg会計(医療費自動精算機)→薬を受け取る

このように一連の流れがコンピュータ化・セルサービス化され、効率的に見えるが、病院受診はスケジュールとしては半日~1日を予定しなければならない。
デジタル化された部分は早いが、アナロク部分(受付待ち時間、診察待ち時間、担当医の診察時間は短い、医療費精算待ち、薬受領待ち等)は需要(患者数)と供給(医療側の対応)のアンバランスで半日~1日がかりである。
[PR]
by taminamikawa1 | 2010-10-21 16:03 | 健康 | Comments(2)
Commented by dojyou38 at 2010-10-22 10:20
おっしゃるとおり最近の医療機関も高度にIT化され、スマートに書類
(カルテ・処方箋・請求書)などは処理されるが、
医者は患者の患部・顔を見たり触ったりすることが殆んど無い。

昔の医者は手当てと云って、よく患部を触ったり見たりしたものだ。
今は検査結果をPCのモニターで見るだけである。
だから長時間待たせて、診察はほんの数分てことが多いです。
本当に診てくれているのかと不安になることもあります。
Commented by taminamikawa1 at 2010-10-22 11:44
dojyou38さ、こんにちわ。
最近の医者は先ず見るのが、血液検査の結果を診ながら、症状を判断します。
次に、尿検査、レントゲン、心電図、動脈硬化度、エコー等のIT機器の結果を見ながらどういう症状なのか判断します。
最後に、聴診器を胸と背中に当て、体の状態を診断していますね。
結局、医者はIT機器の総合的な結果を見ながら、病状を見、処方箋を出していますね。
<< 紅葉~小さな秋を見つけた ステアリングロック~車の盗難防... >>