ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

肺炎


冬場に多い肺炎


最近、西日本新聞はじめ各紙に肺炎予防の大切さや必要性を訴えた西田敏行の写真入りの1ページ広告が掲載されている。それだけ、65歳以上の高齢者に肺炎患者が多いということであろう。是非、肺炎予防注射を受けたいもの。ちなみに、老生は年末に予防注射済み。
a0093965_1675963.jpg

肺炎が死因第3位で、肺炎で死亡する人の95%以上が65歳以上という
今年、75歳になる老生としては他人事でなく、要注意。

肺炎は細菌やウイルスの感染が原因となる病気である

肺炎は免疫力が弱まったときなどに、主に細菌やウイルスなどが肺に入りこんで起こる肺の炎症である。肺炎の原因となる細菌やウイルスは人の体や日常生活の中にも存在している。重症化すれば死に至ることもあり、高齢者にとっては軽視できない疾患である。

日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのが肺炎球菌。

肺炎の原因菌にはさまざまな種類のものがある、普段元気に生活している高齢者がかかりやすい肺炎において、肺炎において、最も多いのが肺炎球菌である。

肺炎の予防策は
* ①うがい ②手洗い ③マスク ④予防接種
* 歯磨きなどで口のなかを清潔にする
*誤嚥(飲み込むことがうまくいかなくなり、飲食物や唾液が食堂ではなく、気管に入ってしまうこと)を防ぐ
上記の対策をしっかり守って、細菌やウイルスなどが体の中に入り込むのを防ぐことが大切。また、規則正しい生活や禁煙などで、体の免疫力を高めたい。

予防接種~65歳過ぎたら、予防接種を受けたいもの。
[PR]
by taminamikawa1 | 2014-02-07 15:45 | 健康 | Comments(4)
Commented by matutaka31 at 2014-02-08 10:54
<肺炎で死亡する人の95%以上が65歳>怖い話ですね。
予防接種の前に、免疫力を落とさないことですね。
日頃の健康管理と予防対策の大切さを、改めて認識しました。
Commented by otomi_2 at 2014-02-08 11:28
食事時、亭主がむせると誤嚥を心配します。糖尿病患者に多いとか。
健康管理もオリンピック中は難しいですね。せいぜい細切れでも睡眠
を確保しましょう。
Commented by taminamikawa1 at 2014-02-08 17:53
matutaka31 さん、こんばんわ。
データから見ますと、肺炎は高齢者が要注意ですね、
亡父も風邪から肺炎になり、73歳で亡くしました。
体力・免疫力等を高め、健康管理が大切ですね。
Commented by taminamikawa1 at 2014-02-08 18:06
otomi_2さん、こんばんわ。   
私も食事中にあわてて飲み込んだりして、
むせることがあります。
これは高齢化や病気持ち(糖尿病患者等)も原因との由、
誤嚥を防ぐ対策としては、食事の工夫や、姿勢、咀嚼力や嚥下力低下の防止、唾液の分泌を良くするなどの方法があるようです。
<< ソチ冬季五輪、開幕 SNF歩こう会の歌 >>