ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

古処山頂のナシ(果物)の木

過日、古処山に登った折に、山頂にナシ(果物)の木があり、3~4cmサイズのナシの実が生っていた。好奇心も手伝い、1個かじってみた。ナシの味はするが、ジューシーさ、甘みもなく、そう美味しい果物ではない。

a0093965_16252150.jpg
a0093965_16254542.jpg
a0093965_16272598.jpg
(縦が3~幅4cmサイズのナシの実)
a0093965_16275315.jpg







(下記のヤマナシについての情報・資料はインターネットからお借りしました)
ヤマナシは、本州、四国、九州の人家に近い山地
に多く見られることから、古い時代に中国から渡来したという説がある
高さ10~15メートルになる落葉高木。
樹皮は、灰紫黒色、若枝は褐紫色で楕円形や円形の皮目があり、小枝は刺状になりやすい
葉は、互生、長さ6~18センチ、卵円形~卵状長楕円形、葉縁には針状の鋸歯があり、はじめは褐色の綿毛があるが無毛になる。
花は、4~5月、短枝の先に直径約3センチの白色小花を散房花序に5~10個つける
花弁5、雄しべ約20、葯(やく)は紫色を帯び、花柱5、がく片5は、褐色の綿毛が密生し、花のあとに落果する
果実は、直径3~9センチ、ナシ状球形、表面に皮目が多く、9~10月に黄褐色に熟すが、果肉は硬く、じゃりじゃりしてまずい。

[PR]
by taminamikawa1 | 2017-08-09 16:28 | 自然・花木果物 | Comments(4)
Commented by dojyou38 at 2017-08-10 08:56
古処山山頂にナシがありましたか。
もしかしたら、登山者が山頂で食べたナシの種から
成長したのかもしれません。
生態系が崩れる可能性もあるので、
山には何も残さないのがルールですね。
Commented by taminamikawa1 at 2017-08-10 10:23
dojyou38 さん  こんにちわ。
古処山には何回か登っていますが、たまたま、実りの季節でしたので、ナシ(梨)と分かりました。
季節が違えば分かりにくいですね。
Commented by tetsu807-2 at 2017-08-10 11:47
古処山は親しんだ山で、柘植の木やキツネノカミソリは
よく知られていますが、梨の木があったとは知りません
でした。
Commented by taminamikawa1 at 2017-08-16 21:28
tetsu807-2さん  こんばんわ。
山梨の木があるかどうかは夏から秋にかけて、実が生っていないと気付きにくいですね。
<< イヌビワ(犬枇杷) 米寿のお祝い >>