ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

ドウダンツツジ(灯台躑躅)

過日、六甲山に登った折に白い花を下向きにして咲くドウダンツツジ(灯台躑躅)を見かけた。
ドウダンツツジの漢字は灯台躑躅である。誰がどう読んでも、漢字名はトウダイツツジと読むが、事実はさにあらずで、「ドウダンツツジ」と読むとの由。
そのわけは

花名の灯台躑躅(ドウダンツツジ)は、枝分かれした姿が「結び灯台(3本の交差させた柱の上に油皿を置いて火をともす古い照明具)」の脚部に似ており、その「トウダイ」が転訛したものといわれており、また、

道教の神である太上老君が誤ってこぼした霊水がこの木にかかり、まるで満天の星のように輝いたという中国の伝説から満天星躑躅(ドウダンツツジ)とも書くとの由。
ちなみに、花言葉は「上品」「節制」

a0093965_23245603.jpg
a0093965_23252630.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2017-05-16 23:07 | 自然・花木果物 | Comments(2)
Commented by dojyou38 at 2017-05-18 10:04
ドウダンツツジの名前の由来は知りませんでした。
花が純白で葉は紅葉すると真っ赤、この落差が良いですね。
Commented by taminamikawa1 at 2017-05-20 21:41
dojyou38 さん  こんばんわ。
ドウダンツツジは九州の山でもよく見ておりますので、懐かしさもありました。
<< 山笑う~青葉若葉の季節 松ぼっくり >>