ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 22 )

難所ケ滝~頭巾山の2座縦走

難所ケ滝(724m)と言えば、冬場の氷瀑(つらら)が有名であるが、ここ数日の暖かい日が続いたため、下記の写真で分かるように、大つららは皆無でほとんど水の流れが見えない滝である。

氷瀑とは滝が凍ってしまったものをいう

2009年(平成21年)1月12日の難所ケ滝の氷瀑(大つらら)
2011年1月20日(平成23年)の難所ケ滝の氷瀑(大つらら)
2014年(平成26年)の難所ケ滝の氷瀑(大つらら)
2015年(平成27年)2月2日の難所ケ滝の氷瀑(大つらら)

↓ 氷瀑(つらら)はゼロで、水量が少ない滝(下2枚の写真) ↓
a0093965_219820.jpg

a0093965_21125050.jpg

↓ 滝の下には氷瀑(つららが落ちている ↓
a0093965_21111163.jpg

↓ 頭巾山(901m)頂上の道標(下記の写真2枚) ↓
a0093965_21231381.jpg

a0093965_21194627.jpg

↓ 頭巾山(901m)の温度計は0度を示している ↓
a0093965_21211348.jpg


マイ山歴
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-02-01 22:09 | Comments(1)

2016年佐賀バルーンフェスタ

2016年の第22回佐賀バルーンフェスタ(熱気球世界選手権)が昨日(28日)開幕し、11月6日まで31カ国・地域の105機が出場する。

熱気球世界選手権は、国際航空連盟(FAI)加盟各国の代表選手による熱気球競技の世界大会であり、1973年の第1回大会からほぼ2年に1度、開催されている。

ちなみに、佐賀での熱気球世界選手権の開催は、第9回(1989)と第13回(1997)に続いて3回目の開催である。

【下記の写真はいずれも2011年11月3日のAM6:30~AM8:8:00までに撮影】

↓ 嘉瀬川河川敷会場にはJRバルーンさが駅が開催期間中、臨時停車する。
a0093965_1531529.jpg

↓ バルーン機離陸の準備 ↓
a0093965_15353416.jpg

↓ バルーン機スタート ↓
a0093965_15401291.jpg

↓ バルーンが次々にスタート ↓
a0093965_15433932.jpg

a0093965_15441663.jpg

a0093965_15443346.jpg


バルーン競技とは
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-10-29 15:31 | Comments(2)

正助ふるさと村

先日、新立山の登山口手前にある「正助ふるさと村」に立ち寄りました。「正助ふるさと村」は武丸正助廟、もやいの家、SHOPにんじん、市民農園、芝生広場、各種体験コーナー等がある。バイキングコーナーもあり、一日ゆっくり過ごせる。

a0093965_21172963.jpg
a0093965_21184763.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2016-02-18 21:23 | Comments(2)

英彦山/四王寺の滝

幻の滝、氷瀑で最近、脚光を浴びている英彦山/四王寺の氷瀑(滝)を鑑賞するために、別所駐車場→奉幣殿→四王寺の滝(幻の滝)→別所駐車場コ-スで山歩きをしたが、数日来の温度上昇と雨のため、氷瀑は既に溶けており、滝となっていた。氷瀑(つらら)を見るには寒さとタイミングが合わないと難しい。今年の氷瀑のピークは大寒波・大雪の23日~24日であった。

総時間(往復)は3.5時間。総歩数は14000歩(9km)

↓ 英彦山/四王寺の滝 ↓
a0093965_21563093.jpg

a0093965_21565121.jpg


a0093965_21591966.jpg九州で氷瀑が見られるのは難所が岳(福岡県)、阿蘇と今日、見に行った英彦山/四王寺の3か所である。



a0093965_222054.jpg
a0093965_2222246.jpg

マイ山歴
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-01-31 22:21 | Comments(0)

博多座1月度公演「放浪記」

a0093965_2182760.jpg森光子さんが半世紀近くも主人公・林芙美子役を演じ、前人未到の単独主演2017回を記録した日本演劇界の最高峰と言える「放浪記」を森さんの3回忌が開けた今年1月、ついに仲間由紀恵主演による新生「放浪記」を博多座(福岡市)で観劇した。

「花のいのちは みじかくて
苦しきことのみ 多かりき」

の字幕から始まった放浪記は大正・昭和と駆け抜けた女流作家・林芙美子のベストセラーである。

↓ 放浪記主演の仲間由紀恵(下記2枚の写真) ↓ 
a0093965_21491111.jpg
a0093965_21493123.jpg


a0093965_21561715.jpg門松が飾ってある博多座掲示板の仲間由紀恵主演の放浪記ポスター


a0093965_2159969.jpg仲間由紀恵の幟(のぼり)

2016年(平成28年)博多座プログラム
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-01-08 21:38 | Comments(0)

京都タワー

a0093965_2231870.jpg初孫(女児/内孫)が誕生して6日目、産まれた滋賀県医科大学病院から、長男の嫁の実家に落ち着いた。

どこの誰の赤ちゃんでも可愛いし、見ていても飽きないものだが、ましてや、我が初孫となると尚更である。

名残惜しかったが、初孫に会って、次に会える日を楽しみに京都タワーが見える京都駅から福岡(那珂川の自宅)に戻った。

わが息子が生まれた時の様子は、何しろ、40数年前のことでもあり、はっきり覚えていないが、仕事と子育てに精一杯で、目先のことをこなすことに追われていた。

自分の子供の養育には責任と義務が伴うが、孫となると、直接的なかかわりや責任はなく、客観的というか、気楽に接することができる。
[PR]
by taminamikawa1 | 2015-12-29 22:49 | Comments(0)

あけび(アケビ)

山歩きしていると、登山道の周辺にアケビの実をたまに見かけます。下記のアケビは福岡県那珂川町森林組合の方からいただきました。実は種が多くて、そう美味しいものではありませんが、薬効があり、昔から果実として食されてきました。
ちなみに、花言葉は「才能」「唯一の恋」
↓ アケビの実 ↓
a0093965_20281232.jpg

↓ アケビを半分に割り、中身を食する ↓
a0093965_20282815.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2015-10-01 20:29 | Comments(2)

天女・森の貴婦人と呼ばれているオオヤマレンゲ

天女・森の貴婦人と呼ばれているオオヤマレンゲ(大山蓮華)の群生地である猟師山(1423m・猟師岳/くじゅう)に登った。オオヤマレンゲの花が見られるのはくじゅうでは鳴子山、くじゅう以外では英彦山等である。
ちなみに、花言葉は「変わらぬ「永遠の愛」
a0093965_2214747.jpg

a0093965_22132724.jpg

a0093965_22143632.jpg

a0093965_2215284.jpg

a0093965_22153027.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2015-06-24 22:15 | Comments(2)

大濠公園からの景観

a0093965_1138385.jpg大濠公園(福岡市中央区)は福岡を代表する公園・観光地であり、国指定の登録記念物でもある。
福岡のシンボルである福岡タワーも見える。
福岡市民の憩いの場として親しまれており、周囲がほぼ2kmあり、サイクリングやジョギングをする人も多い。
a0093965_11423344.jpg
a0093965_11425888.jpg


a0093965_11434549.jpg
a0093965_11441884.jpg


a0093965_11445347.jpg
a0093965_11451589.jpg
[PR]
by taminamikawa1 | 2015-06-18 11:38 | Comments(2)

勝屋酒造の蔵開き

勝屋酒造の酒蔵開き

a0093965_21465152.jpg今月の15日に同じ宗像市の伊豆本店酒蔵開きに行ってきたが、今日は唐津街道赤間宿通りにある寛政2年(1790年)創業の勝屋酒造の酒蔵開きに足を運び、「樽の露」等の試飲をした。

最初に酒粕からの甘酒で、喉をうるおし、、「樽の露」の「にごり酒」や「しぼりたて」の新酒を試飲。

22日は雨模様だったにもかかわらず、唐津街道赤間宿祭りと重なっため、多くの人で賑わっていた。

 
↓ 勝屋酒造(楢の露) ↓

楢の露は福岡の日本酒。酒名は、宗像大社の神木「楢の木」に由来している。原料米は山田錦。大吟醸酒、吟醸酒、特別本醸造酒などがある。
仕込み水は城山の伏流水。
a0093965_22171754.jpg
  
a0093965_22203475.jpg
a0093965_22205768.jpg


↓ 新酒「楢の露」の試飲 ↓
a0093965_22231255.jpg

a0093965_2225445.jpg試飲会場の一角で「雛祭り」も展示されていた。
[PR]
by taminamikawa1 | 2015-02-22 22:27 | Comments(2)