ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:旅・ドライブ( 202 )

有馬温泉の観光名所である「太閤通り」「太閤橋」「ねね橋」

1583年に、秀吉は始めて有馬温泉を訪れ、長らく続いた戦で疲れた心身を有馬の名湯で癒しました。これが記録に残る最初の秀吉の有馬入湯で、その後も再三有馬を訪れた。その縁で太閤通り太閤橋、ねね橋が観光名所になっている。

↓ 太閤通り ↓
a0093965_20551053.jpg
↓ 太閤橋(下の2枚の写真) ↓
a0093965_20393105.jpg

a0093965_20403962.jpg
↓ ねね橋(下2枚の写真)~ねね像(太閤橋から少し上流に行くと、誠に小ぶりな「ねね橋」があり、その袂には、太閤秀吉の像と向き合うように、秀吉の正室「ねね」の像が建てられている ↓
a0093965_20464389.jpg
↓ ねね橋 ↓
a0093965_20472099.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2017-05-20 20:41 | 旅・ドライブ | Comments(2)

有馬温泉

過日、六甲山登頂後、有馬温泉の一つである簡保の宿「有馬」に宿泊した。
有馬温泉は日本三古泉の一つである。ちなみに、有馬温泉以外の日本二古泉は道後温泉、白浜温泉を言うが、下呂温泉、別府温泉を入れる説もある。
ちなみに、日本三古泉とは上記の有馬温泉、道後温泉、白浜温泉の名前が日本書紀や風土記などに記されている。

↓ 有馬温泉/簡保の宿「有馬」 ↓

a0093965_22292372.jpg
a0093965_22371646.jpg
a0093965_22361844.jpg


有馬温泉で有名な温泉は
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-05-18 22:21 | 旅・ドライブ | Comments(0)

阪九フェリー船上から見た朝日

朝日とは東から登ってくる太陽及びその光のことであるが、日常生活のなかでは改めて朝日を見ることはしない。
10日から11日に六甲山や有馬三座の縦走を終え、夕方、阪九フェリーに乗船し、翌朝、新門司港に入港する船上から見た朝日が美しかった。

↓ AM5:28~5:32にかけ、 阪九フェリー船上から見た朝日 ↓
a0093965_12192662.jpg
a0093965_12205287.jpg
a0093965_12214232.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2017-05-12 12:24 | 旅・ドライブ | Comments(1)

福岡ポートタワー

福岡に住み始めて38年になるが、博多港(ベイサイドプレイス)に建つ市内が一望できる博多港のシンボルである福岡ポートタワーに初めて昇った。
ちなみに、入場料は無料。
地上70mの展望室からは360度の大パノラマを望むことができる。

また、福岡ポ-トタワーに併設されている博多港を楽しく学べる「博多港ベイサイドミュージアム」入場もなんと無料である。

近くの市営駐車場も無料である。

a0093965_22492396.jpg
a0093965_22500933.jpg



ポートタワーの開館時間等は
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-05-06 22:50 | 旅・ドライブ | Comments(2)

黒田節の母里太兵衛の銅像

過日、バスでJR博多駅に行った折に博多口方面に歩いていく途中にKITTE ○I○Iの東側(博多駅広場の一角)に黒田節の母里太兵衛の銅像が建っている。その下に黒田節の歌詞が書いてある(下記の写真を参照)。
黒田節が出来た由来は母里太兵衛が福島正則より勧められたお酒をすべて飲み干して、約束どおり名槍を受け取ったという話からきている。
ちなみに、母里太兵衛は筑前国52万3000石の筑前藩黒田家家臣である。

a0093965_20440178.jpg
a0093965_20441856.jpg


黒田節の歌詞
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-04-09 20:21 | 旅・ドライブ | Comments(0)

関門橋(高速道路)

北長門の千畳敷と元乃隅稲成神社を散策し、帰途、広大な関門海峡のシンボルともいえる関門橋の道の駅「壇ノ浦」パーキングエリア(下り線)に途中休憩した折に、そこから見た九州(門司港)の関門橋
ちなみに、関門橋は昭和48年に開通し、全長1,068m、海面からの高さ61m。

↓ 関門橋 ↓

a0093965_22085017.jpg
↓ 関門橋(高速道路)の道の駅「壇ノ浦」パーキングエリア(下り線) ↓
a0093965_22190867.jpg



九州(門司港)から本州(下関)への6通りのアクセス(道)は
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-03-24 22:11 | 旅・ドライブ | Comments(0)

北長門海岸国定公園 千畳敷の風車

日本海に面した向津具(むかつく)半島付け根部の頂上(標高333m)に広さ約26,400平方mの草原が広がっている。北側には日本海が一面に広がり、萩六島村や見島が見渡せ、風光明媚な場所として近年注目されている。
その雄大さから、過ってはフォードが販売された自動車のCM及びポスター写真のロケ地として使われたこともある。
また、直近では、アメリカCNN放送が選んだ「日本の最も美しい風景31選」にも選ばれている。

この半島の頂上部にあり、この一帯では常時強風が吹いているため、中国電力をはじめとする風力発電用の風車が複数、設置されている。

a0093965_21091121.jpg
a0093965_21091121.jpg
a0093965_21114059.jpg
a0093965_21132959.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2017-03-23 20:57 | 旅・ドライブ | Comments(4)

元乃隅稲成神社

CNN(アメリカ)ニュースが選んだ「日本の最も美しい風景31選に選ばれた山口県長門市の元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ))商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神である。

「稲荷」神社は全国で四万社ほどあるが、「稲成」神社は二社のみ。
昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は圧巻。
神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われている。

a0093965_22560777.jpg
a0093965_23091100.jpg
a0093965_23123757.jpg



元乃隅稲成神社の由来
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-03-22 22:39 | 旅・ドライブ | Comments(4)

映画「男はつらいよ」のロケ地を歩く

東京思い出づくり3日間の旅、第2日目の今月10日に、映画「男はつらいよ」のロケ地/葛飾柴又を歩いた。
京成柴又駅を下車すると、駅前広場にフーテンの寅さん像があり、また、25日には寅さんの妹である「さくら像」も設置されるとの由。
そこから信号を越えると帝釈天参道(たいしゃくてん)があり、その右手に「寅さん映画の碑がある。

↓ 駅前広場の「フーテンの寅さん」碑 ↓

a0093965_14192465.jpg
a0093965_14483551.jpg
a0093965_14541813.jpg
a0093965_14215582.jpg
a0093965_14243452.jpg
a0093965_14265912.jpg
↓ 寅さんも立ち寄った柴又帝釈天題経寺 二天門 ↓
a0093965_14282781.jpg
↓寅さんも立ち寄った柴又帝釈天題経寺本堂↓
a0093965_14405118.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2017-03-20 14:49 | 旅・ドライブ | Comments(2)

楠木正成像

室町時代、楠正成は湊川(兵庫県)の戦い等で天皇のために忠義を尽くして死んだとして講談などで人気を博し、戦前の皇国史観教育や唱歌などでも盛んに取り上げられた。
天皇家のためにいつでも、何が起こってもすぐ駆けつけられるようにと皇居の方に向いて楠木正成像は建てられている。

↓ 皇居外苑に建立されている楠正成像 ↓ 

a0093965_15120411.jpg
a0093965_15130229.jpg
a0093965_15140520.jpg



楠木正成像
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-03-18 15:15 | 旅・ドライブ | Comments(4)