ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:暮らし・生活( 362 )

連日の猛暑・酷暑・熱帯夜

a0093965_10381466.jpg
連日、35度前後の猛暑日が続いている。これは温暖化現象の一環であり、南極の氷河が少しずつ解けていることと関係している。オゾン層の破壊等により、地球生態系の悪影響が出ている。温度上昇はこれからも続きそうである。

どんなに暑くても、日常生活は続くわけで、何とか、生活の知恵を絞って対応していかなければならない。

その暑さ対策は
1.エアコン(冷房)
2.扇風機
3.シャワー
4.グリーンカーテン
5.早寝早起き~早朝に作業をする
6.服装~薄着、麻系統の服、男性の場合(室内では半ブボン、ステテコ、ランニング姿等)
7.外出時は帽子をかぶり、日傘をさす
8.外出時はサングラスをかける
9.打ち水をする
10.風鈴をつるす
11.首まわりに冷感タオル・スカーフをまく
12.ドライ型ミスト製品を使用する

猛暑を初め、各地にもたらしている異常大雨は地球生態系の異常と関係している。地球温暖化対策は地球規模で手を打たなければならないにもかかわらず、トランプ大統領は自国第一主義の名のもとに、温暖化対策のパリ協定に調印していない。このアメリカの考え方はいかがなのか?理解に苦しむ。



トランプ大統領のパリ協定からの離脱を表明
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-07-25 10:39 | 暮らし・生活 | Comments(2)

福岡市が成長可能性都市ランキング第2位に選定

a0093965_09422214.jpg
【左記の写真は玄界灘から写す、左端がヤフーオクドーム球場、右端は福岡タワー】

一昨日の西日本新聞に「福岡市が成長可能性都市ランキング第2位に選定」との記事が掲載されていた。

(株)野村総合研究所(NRI)は、都市圏の人口規模等を考慮して選定した国内100都市を対象に、今後の成長性を左右する「産業創発力」の現状、および将来のポテンシャルを分析した「成長可能性都市ランキング」を発表した。

この調査では、都市の産業創発力を、「多様性を受け入れる風土」「創業・イノベーションを促す取り組み」「多様な産業が根付く基盤」「人材の充実・多様性」「都市の暮らしやすさ」「都市の魅力」という6つの視点から、131の指標を用いて総合的に分析している。

*実績および将来のポテンシャルを含めた総合的な産業創発力が高いのは→1位「東京23区」、2位「福岡市」、3位「京都市」、4位「大阪市」、5位「鹿児島市」、6位「茨城県つくば市」、7位「札幌市」、8位「長野県松本市」、9位「福岡県久留米市」、10位「長崎県佐世保市」

*成長可能性都市ランキング→1位「福岡市」、2位「鹿児島市」、3位「茨城県つくば市」

↓ 下記の日本地図をクリックすると詳細を見ることができます ↓







*多様性を受け入れる風土は→1位は東京都特別区部」、2位に「札幌市」、3位に「佐世保市」

*都市の暮らしやすさにおいては→「佐賀市」が1位、2位「奈良市」、3位「富山市」がランクインしている

*ライフスタイル別にみたランキングでは、「移住者にやさしく適度に自然がある環境で働く」「リタイア世代が余生を楽しみながら仕事ができる」では→「鹿児島市」がともにトップとなった。

*いずれかのランキングでトップ10に入る都市は合計40都市あるが、福岡市」は12のランキングの全てで10位以内に入っている


[PR]
by taminamikawa1 | 2017-07-11 09:42 | 暮らし・生活 | Comments(2)

沖ノ島全て世界遺産に登録

a0093965_10295806.jpg
沖ノ島は、福岡県宗像市に属する、九州本土から約60キロメートル離れた玄界灘の真っ只中に浮かぶ周囲4キロメートルの孤島である。
a0093965_22134724.jpg
【上記の沖ノ島の写真はインターネットから借用しました】

昨日、ポーランドで開かれていたユネスコの世界遺産委員会で日本が推薦していた福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は8つの構成資産すべてが世界文化遺産に登録されることが決定した。


沖ノ島では4~9世紀に航海の安全を祈る祭祀が行われた。朝鮮半島、中国製の装飾具など8万点の出土品は全て国宝に指定され「海の正倉院」と呼ばれている。

沖津宮、中津宮、辺津宮には宗像三女神をそれぞれ祭り、古墳群は祭祀を担った宗像氏の墓とされている。




[PR]
by taminamikawa1 | 2017-07-10 22:15 | 暮らし・生活 | Comments(2)

シルバー川柳

山仲間a0093965_13552184.jpgの会のメンバーからシルバー川柳作品(67句/A4版2ページ)をいただいた。詩ごころがない私は俳句は勿論のこと、川柳にも縁が無い。俳句は季語を入れなければいけないが、川柳は季語を入れずに5・7・5句になっていれば良いので作りやすいかも・・・。

いざ、自分で作るとなるとなかなか難しい。

まずはいただいた川柳を下記に列挙する。

1.日帰りで 行ってみたいな 天国へ
2.日帰りで 行ってみたいな 三途川
3.日帰りで 行ってみたいな 姥捨てへ
4.日帰りで 行ってみたいな 夫婦連れ
5.LED 使い切るまで ない寿命
6.紙とペン 探している間に 句を忘れ
7.味のない 煮物も嫁の 思いやり
8.三時間 待って病名 加齢です
9.診察は 三時間待ち 加齢です
10.診察は 腰痛かもね これ加齢
11.改札を 通れずよく見りゃ 診察券
12.二所帯を 建てたが息子に 嫁が来ぬ
13.女子会と言って出かける デイケアー
14.起きたけど 寝るまで特に 用事なし
15.つまずいて 何もない道 振り返り
16.目覚ましの ベルはまだかと 起きて待つ
17.延命は 不要と書いて 医者通い
18.ガガよりも ハデだぞウチの  レディアババ
19.年かさぬ もう食べられぬ 豆の数
20.おじいちゃん 冥土の土産 どこで買う
21.年金の 扶養に入れたい 犬と猫
22.年季の 扶養に入れたい わが息子
23.年季の 扶養に入れたい ひきこもり
24.指一本 スマホとオレを 使う妻
25.忘れ物 口で唱えて 取りに行き
26.遺影用 笑いすぎだと 却下され
27.湯加減を しょっちゅう聞くな わしゃ無事だ
28.誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ
29.万歩計 半分以上 探し物
30.振り返り 犬が気遣う 散歩道
31.振り返り 孫が気遣う ウォーキング
32.カード増え 暗証番号 裏に書き
33、老いの恋 惚れる惚ける 同じ文字
34.立ち上がり 用事忘れて また座る
35.どっこいしょ 立ち上がりざま ふらふらと
36.場を察知 呆けたふりして なごませる
37.無農薬 こだわりながら 薬漬け
38.留守電に ゆっくりしゃべれと どなる父
39.何回も 話したはずだが 初耳だ
40.孫帰り 妻とひっそり 茶漬け食う
41.婆さんよ 犬への愛を 少しくれ
42.デジカメは どんな亀かと 祖母が聞く
43、ご無沙汰を 故人が繋ぐ 葬儀場
 


シルバー川柳(続く)
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-07-09 13:56 | 暮らし・生活 | Comments(2)

記録的な大雨

想定外の記録的な豪雨による河川の氾濫や土砂崩れに見舞われた福岡県朝倉地区や大分県日田市では想像を絶する被害が出ている。梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んで積乱雲が次々にできる「帯状(線状)降水帯」が発生し、大雨になった。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。


a0093965_16472706.jpg
a0093965_16465388.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2017-07-06 16:50 | 暮らし・生活 | Comments(2)

満中陰法要(四十九日法要)

a0093965_22130118.jpg
仏教では、人が亡くなると49日間、死者の魂が成仏せずにさまよっていると言う

そこで、遺族は故人が無事に極楽に行けるよう、読経したり飲食や行動を慎んで身の汚れをとる斎戒などの善事を行なう。いわゆる死者のために行なう追善供養が法要である。

【上記の写真は拙宅の菩提寺である寶琳寺の参道】



a0093965_23254706.jpg

過日、A氏から送付されてきた忌明け(四十九日(七七日忌)の御品【冊子(銘仙/和)】を受領した。



法要の順序は仏教では、遺族は故人が無事に極楽に行けるよう、読経したり飲食や行動を慎んで身の汚れをとる斎戒などの善事を行なう。

いわゆる亡くなった人のために行なう追善供養が忌明け(四十九日(七七日忌)法要である。



法要の順序
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-06-28 22:14 | 暮らし・生活 | Comments(2)

想定外

日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で放射性物質が入ったバックが破裂し、放射能が飛散して作業員5人が被ばくするという「想定外」の事故があった(西日本新聞の記事を借用させていただきました)

「想定外」の意味について辞書で調べると「 事前に予想した範囲を越えていること」「 自分で考えていたより、ズレていた。「予定外」の ハプニングがあった。 良い意味でも、悪い意味でも自分の予想から外れていた」

想定外のことが起こるのは事故に限らず、日常生活でも起こりがちである。100%想定することはできないが、少しでも想定内に入るようにしたいものである。
a0093965_20583716.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2017-06-09 21:07 | 暮らし・生活 | Comments(0)

シニアクラブ(老人会)懇親会

a0093965_21343879.jpg
加齢とともに地域密着の会(シニアクラブ/老人会)に入会し、会合や旅行に参加するように心がけている。

午前中は観光地巡りをし、午後はホテル(旅館)での懇親会である。会食のあとはカラオケが定番である。

[PR]
by taminamikawa1 | 2017-05-05 19:35 | 暮らし・生活 | Comments(0)

猿田彦命碑

拙宅近くの公民館そばに祀ってある猿田彦命(猿田彦大神)は、一般に道の神・道祖神と考えられている。

元々は、天孫降臨の際に、瓊瓊芸命(ににぎのみこと)をご案内しようと、道の途中でお待ちしていた神様である。このことから、この神は道の神、道案内の神、旅人の神とされてきた。

a0093965_22383970.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2017-04-03 22:39 | 暮らし・生活 | Comments(0)

夕日(夕陽)

私の七つ道具の一つにデジカメがある。ブログを投稿しているため、ベストショットをいつでも・どこでも撮れるようにデジカメを持ち歩いている。18時ころ、拙宅近くのグランドでウォーキング中に何気なく空を見上げると飛行機雲が東から西へ伸びていて、まさに太陽が西に沈まんとする夕日(夕陽)が素晴らしく魅入った。
ちなみに、夕日とは夕方、西へ沈む太陽及びそのである。
a0093965_21145027.jpg
a0093965_21155457.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2017-03-06 21:16 | 暮らし・生活 | Comments(2)