ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:登山、ハイキング( 733 )

華山(げさん)

華山(げさん/713m)は豊浦山脈の最高嶺で、昔から長門の国の霊山としてあがめられている。東麓2合目には、西の高野山といわれる神上寺、徳仙の滝がある。
歩行時間4時間、中国自然歩道(山口県下関市豊田町江良)の歩きやすい山であり、響灘・日本海、瀬戸内海等が望める。展望は良い。

↓ 近松門左衛門生誕地の碑がある登山口 ↓

a0093965_22433182.jpg
↓ トイレがある登山口を9:20にスタート ↓

a0093965_22395360.jpg
↓ 11:30 華山(げさん/713m) ↓
a0093965_22444284.jpg
a0093965_22472305.jpg
↓ 響灘等が見え、眺望は良い ↓
a0093965_22540703.jpg
a0093965_22515696.jpg



マイ山歴
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-11-15 22:19 | 登山、ハイキング | Comments(2)

硫黄山(いおうざん/1580m)

今月の12日(日)くじゅう長者原駐車場経由~大曲登山口~スガモリ(諏蛾守)越え~三俣山(1745m)西峰~Ⅳ峰~南峰~本峰周回登山の折に見た噴煙を上げる硫黄山(いおうざん/1580m)。

星生山の支尾根にあたる硫黄山今なお活発に活動を続ける活火山であり、かつては硫黄の採取が行われていた。1995年に約250年ぶりに水蒸気爆発をおこし、付近の登山道は立ち入り禁止となったが、1年半ほどで小康状態となり、麓の北千里ヶ浜の禁止は解除となった。しかし、付近を通過する時は有毒ガスに注意が必要。周囲はガスのために草木は育たず、くじゅうの中では異様な光景を創り出している。また、煙が高く上がれば翌日の天気は晴れ、低くたち込めると雨といわれている(上記の資料はインターネットから借用しました)。
a0093965_17215808.jpg

a0093965_17210027.jpg

a0093965_17231144.jpg

a0093965_17235638.jpg

a0093965_17243673.jpg









[PR]
by taminamikawa1 | 2017-11-13 17:14 | 登山、ハイキング | Comments(0)

三俣山4座(西峰~Ⅳ峰~本峰~南峰)縦走(周回)

三俣山(みまたやま/1745m)は長者原駐車場から左手に見える山であり、西峰(1678m)、南峰(1743m)、北峰(1690m)、本峰(1745m)の4つの峰からなっているが、周囲から見ると3つの峰が見えることから「三俣山」と呼ばれている。

長者原駐車場を通り、大曲駐車場(登山口)をAM9:50にスタートし、三俣山4座【西峰(1678m)~Ⅳ峰(1690m)~本峰(1745m)~南峰(1743m)縦走(周回コース)した。

1座目の西峰(1678m)には11:30に登頂(昼食)、
大曲登山口から登頂までの所要時間は1時間40分~頂上からの眺望は良く、硫黄山(1550m)から出る噴煙が間近に見える。

上記の4つの峰に囲まれるように小さな峰が2座目の「Ⅳ峰」である。続いて、南峰(1743m~本峰(1745m)と歩き、周回して1座目に登頂した西峰に戻り、小休止したあと、愛の鐘がある登山口着(16:15)。あとはスガモリ超え(諏蛾守越え)を下って、大曲登山口に17:15着。

本日の歩行距離は10km、歩行時間は実に7時間30分。使ったエネルギーは380kcal。

三俣山は広くて、奥が深い。本日登頂予定していた北峰(1690m)には時間の都合で中止して下山したほどで、一言集約すれば、三俣山は歩きがいがあり、疲れた1日であった。

↓ 大曲駐車場から見た三つの峰からなる
三俣山 ↓
a0093965_15375345.jpg

↓ 大曲登山口 ↓
a0093965_15432365.jpg
↓ 西峰登山の起点になっている愛の鐘登山口 ↓
a0093965_15445777.jpg
↓ 1座目の西峰(1678m) ↓
a0093965_15470499.jpg
↓ 2座目のⅣ峰(1690m) ↓
a0093965_15495980.jpg
↓ 3座目の南峰(1743m) ↓
a0093965_15530023.jpg
↓ 4座目の本峰(1745m) ↓
a0093965_15543311.jpg




マイ山歴
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-11-12 22:37 | 登山、ハイキング | Comments(0)

三瓶山の紅黄葉

姫逃池登山口~三瓶山【男三瓶山(1126m)、子三瓶山(961m)、孫三瓶山(907m)】~女夫松登山口コースで縦走した折に目にした紅黄葉は九州くじゅう・高千穂・雲仙等、日本アルプス、石鎚山(四国愛媛県)のそれらに匹敵する美しさであった。
写真では彩色の鮮やかさが表現できていないが、現場の紅黄葉を自分の目で鑑賞すれば納得できる。
私のコンパウンドカメラでは遠景の美しさを撮影できないのが残念である。一眼レフであれば、もっと鮮明に撮影、アップできるのだが・・・。

a0093965_23083062.jpg
a0093965_23091317.jpg
a0093965_23094640.jpg
a0093965_23101579.jpg






[PR]
by taminamikawa1 | 2017-11-06 23:10 | 登山、ハイキング | Comments(0)

三瓶山

今回の三瓶山(さんべさん)3座【男三瓶山(おさんべさん/1126m)~子三瓶山(こさんべさん/961m)~孫三瓶山(まごさんべさん)/907m)】姫逃池(ひめにげいけ)コースを北から南に縦走した。

スタート地点の三瓶自然館サヒメル登山口を9時28分に出発し、約2時間かけ、主峰である1座目の男三瓶山に11:25登頂。2座目の子三瓶山には13:38着、最後の3座目の孫三瓶山に13:38に登った。下山口の女夫松登山口に15:36着。

総歩行距離→13km、総歩行時間→約7時間、総使用カロリー→480kcal。

↓ 登山口に建っている三瓶自然館サヒメル ↓
a0093965_22365590.jpg

↓ 姫逃池登山口 ↓
a0093965_22434286.jpg

↓ 360度の眺望抜群の男三瓶山(1126m) ↓
a0093965_22445091.jpg

↓ 2座目の子三瓶山(961m) ↓
a0093965_22502811.jpg

↓ 3座目の孫三瓶山(907m) ↓
a0093965_22514891.jpg

↓ 下山口の女夫松登山口(国民宿舎さんべ荘) ↓
a0093965_22580549.jpg
↓ 国民宿舎さんべ荘 ↓
a0093965_23010368.jpg



マイ山歴
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-11-05 22:37 | 登山、ハイキング | Comments(0)

三瓶山登山計画

明日から1泊2日(11月4~5日)と三段峡観光、温泉津神楽、三瓶山登山の予定である。
三瓶山には昨年5月にも登頂しているので、今回で2回目になる。
初日(11月4日)→三段峡観光、温泉津神楽見物。
2日目(11月5日)→三瓶山登山

↓ 下記3枚の写真は昨年、5月に撮影した三瓶山 ↓
a0093965_21582587.jpg
a0093965_21590621.jpg
a0093965_21594467.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2017-11-03 22:00 | 登山、ハイキング | Comments(0)

黒金山~三市町境界山~牛頸山3座縦走

大野城いこいの森/水辺公園(黒金山登山口)をAM10:00にスタートし、脊振山系の黒金山(411m)に11:20登頂~三市町境界山(452m)には11:50着~牛頸山(448m)に12:20登頂の3座縦走(周回コース)。
黒金山・三市町境界山の2座は木々に囲まれ眺望ゼロ。
牛頸山は180度(北半分)の眺望で牛頸ダム、その奥には福岡市街地が見える。
牛頸山頂上で昼食(30分)と摂り、12:50に山頂をスタートし、周回コースで14:00水辺公園に下山した。

総歩行距離→11km、総所要時間→4時間、登り高低差320m、総使用カロリ→560kcal。

↓ 大野城いこいの森/水辺公園(黒金山登山口) ↓

a0093965_20324102.jpg
↓ 展望台から見た牛頸ダム、その奥には福岡ヤフーオクドーム球場等の福岡市街地が見える ↓
a0093965_20350777.jpg
↓ 草スキー場 ↓
a0093965_20370163.jpg
↓ 1座目の黒金山(411m) ↓
a0093965_20420834.jpg
↓ 2座目の三市町境界山(452m) ↓
a0093965_20473688.jpg
↓ 3座目の牛頸山(448m) ↓
a0093965_20543931.jpg
↓ 下山口である牛頸山登山口着 ↓
a0093965_21022977.jpg


マイ山歴
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-10-31 20:43 | 登山、ハイキング | Comments(0)

淳子のてっぺん

唯川恵著「淳子のてっぺん」は1975年(昭和50年) 世界最高峰エベレスト8848mに女性世界初の登頂に成功した世界的女性登山家「田部井淳子」をモデルにした山岳小説である。

ちなみに、1年前に亡くなった田部井淳子は私と同学年の1939年(昭和14年)生まれである。


a0093965_21292013.jpg
a0093965_21294248.jpg



田部井淳子プロフィール
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-10-30 21:29 | 登山、ハイキング | Comments(2)

茅葺きの家

過日、那珂川町歩こう会の途中、中の島公園(那珂川町市の瀬)のすぐ南側に、個人所有の民家「茅葺き住宅」が一棟だけ建っている。
茅葺き住宅」は福岡近郊でも少ないのでは・・・。

a0093965_21501728.jpg
a0093965_21510457.jpg



茅葺き家で有名なのは
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-10-24 20:58 | 登山、ハイキング | Comments(2)

石柱渓の滝

過日、石柱渓を約1km歩いた時に見かけた約20の滝を見た。散策道から見えない滝を加えると約40近い滝がある。
滝と言えば、華厳の滝、白糸の滝、清水の滝のように高さ数十メートルから滝つぼに勢いよく流れ落ちることをイメージするが、ここ石柱渓の滝は低い段差から流れ落ちる。前者が男性的な滝とすると、後者は女性的な滝と言える。全部で約、数十近い滝がある ↓

a0093965_15291861.jpg
↓ 最初の滝である①「初地の滝」 ↓
a0093965_15313125.jpg
↓ ② 相思の滝 ↓
a0093965_15325957.jpg
↓ ⑧ おしどりの滝 ↓
a0093965_15453957.jpg
↓ ⑭ 北海の滝 ↓
a0093965_15403853.jpg
↓ ⑮ 曲水の滝 ↓
a0093965_15413681.jpg
石柱渓の滝

③ 五竜の滝
④ 向津の滝
⑤ 材木の滝
⑥ 紅葉の滝
⑦ 薬研の滝
⑨ 小松の滝
⑩ 若葉の滝



コスモスだより(九州・山口)
[PR]
by taminamikawa1 | 2017-10-17 15:33 | 登山、ハイキング | Comments(0)