ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

<   2014年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ニホンカモシカ


ニホンカモシカ

7月18日に八ケ岳連峰/赤岳・横岳・硫黄岳の3座登頂後、八ケ岳赤岳鉱泉山小屋に宿泊し、翌19日に山小屋をスタートして約2時間くらい歩くと八ケ岳中信高原国定公園/八ケ岳広場着く。そこから左手の森に黒い動物がいた。何と、その動物こそ、初めて見る「ニホンカモシカ」であった。ラッキーのひとことに尽きる。
ちなみに、ニホンカモシカは国指定 特別天然記念物に指定されている。

 ↓ 顔をこちらに向けている、逃げるそぶりもない(顔は向かって右、尻尾は左) ↓
a0093965_21482642.jpg

 ↓ 立ち止まって、こちらをじぃ~と見ている、動作がゆったりしている ↓ 
a0093965_2148468.jpg


ニホンカモシカを見掛けたときの注意
[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-31 21:49 | 登山、ハイキング | Comments(0)

野牡丹(ノボタン)


野牡丹(ノボタン)

三十数年前に近所の方から株分けしていただいた紫紺野牡丹(シコンノボタン)。紫色が印象的な夏を代表する花である。ちなみに、花言葉は「平静」。
a0093965_2133155.jpg

a0093965_21333473.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-30 21:33 | 自然・花木果物 | Comments(6)

朝顔


朝顔

朝顔は夏の花であり、涼しさを運んでくれる。また、文字通り、朝咲いて、夕方にはしぼんでしまう。朝顔を鑑賞するには早起きしなければならない。まさに、早起きは三文の徳?
ちなみに、花言葉は「愛情」「平静」「愛情の絆」「結束」「短い愛」「明日もさわやかに」「はかない恋」
a0093965_11252411.jpg

a0093965_11254339.jpg

a0093965_1126017.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-29 11:25 | 自然・花木果物 | Comments(4)

ヒゴタイ(肥後体)


ヒゴタイ(肥後体)

一昨年、SNF歩こう会でヒゴタイ公園(熊本県阿蘇市産山村)を訪れた際、ヒゴタイの種を1パック200円で販売していたので、購入し、拙宅の庭に植えていたところ、2年目にして開花した。キク科の多年草。茎は高さ1mほどで、くも毛を密生し、茎頂に球状に花を集めているが、これは1小花よりなる頭花がさらに多数密集したものである。ちなみに、花言葉は「実らぬ恋」
a0093965_21195020.jpg

a0093965_2120450.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-28 21:03 | 自然・花木果物 | Comments(4)

熱中症


熱中症に要注意

a0093965_2102960.jpg梅雨明け後、一転して猛暑日が続いている。朝から30度を越し、最高気温も地域によっては37度を記録している。各地で熱中症で亡くなられたり、救急車で病院に搬送されている。
熱中症対策は何はともあれ、十分な睡眠と3食きちんと摂ること、それに適度な水分・塩分補給がポイント。

7月25日の西日本新聞に熱中症対策の記事が掲載されていた。

* 熱中症発症を防ぐには

①小まめに水分を補給する
②直射日光を避け、木陰などで休憩を取る
③通気性の良い衣服を着用する
④十分な睡眠をとる

* 症状が出た場合

①保冷剤などで体を冷やす
②十分な水分と適度な塩分を補給する
③涼しい場所で安静にする
[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-27 21:18 | 健康 | Comments(4)

コマクサ(駒草)


高山植物の女王と言われているコマクサ(駒草)

今月18日に登った八ケ岳連峰/横岳から硫黄岳に縦走する途中に群生する高山植物の女王と言われているコマクサ(駒草)
コマクサ(駒草)の名前の由来はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることから付けられている。ピンクのコマクサは群生しているが、その中に1株だけ、白い花のコマクサを見つけた。この白いコマクサの花は突然変異で誕生したとの由(硫黄岳山荘のご主人の話)。
ちなみに、コマクサ(駒草)の花言葉は「高嶺の花、 誇り、気高い心、 貴重品」。
標高2800m前後に咲くピンクや白のコマクサを見ることができたのは私の登山歴に花を添えてくれた。
a0093965_22594355.jpg
↑ 手前の白い花が白コマクサ(駒草)、その奥に群生しているピンクのコマクサ(駒草) ↑
a0093965_2305586.jpg
↑ 手前に1株だけ咲いている白い花の白コマクサ(駒草)はまさに貴重品、その奥に群生しているピンクのコマクサ(駒草) ↑
a0093965_2323056.jpg

a0093965_2325741.jpg
↑ コマクサが群生している近くに駒草神社の石碑がある ↑
[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-26 23:01 | 登山、ハイキング | Comments(6)

八ケ岳縦走登山


八ケ岳縦走登山~赤岳(2,899m)、横岳(2,829 m)、硫黄岳(2,554m)等を登頂。
福岡の山仲間5名で、7月18日に念願の八ケ岳連峰~最高峰の赤岳(2,899m)をはじめ、横岳(2,829 m)、硫黄岳(2,554m)の3山を踏破。
八ケ岳連峰は一度は登頂したかった名山であり、それだけ魅力的な山でもある。

a0093965_22435732.jpg

a0093965_22454534.jpg

 ↓ 八ヶ岳高原のふもとに広がる原村から見た八ケ岳連峰 ↓
a0093965_224727.jpg

 ↓ 赤岳山容 ↓
a0093965_22522457.jpg
↓ 赤岳山容(テレビ放映を借用しました) ↓

a0093965_22283648.jpg
 ↓ 八ケ岳連峰~最高峰の赤岳(2,899m) ↓
a0093965_22534338.jpg

 ↓ 横岳(2,829 m) ↓
a0093965_22545913.jpg

 ↓ 硫黄岳(2,554m)
a0093965_2255257.jpg
↓ 硫黄岳山容(テレビ放映を借用しました)
a0093965_22364027.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-24 22:41 | 登山、ハイキング | Comments(8)

ギンリョウソウ(銀竜草)


ギンリョウソウ(銀竜草)

18日(金)の朝、行者小屋をスタートし、八ケ岳連峰/赤岳・横岳・硫黄岳の3座を縦走し、夕方、赤岳鉱泉山小屋に宿泊。翌19日(土)朝、赤岳鉱泉山小屋をスタートし、美濃戸口に向かって約1時間半、歩いた登山道わきにギンリョウソウ(銀竜草)が咲いていた。別名、ユウレイソウとも、マルノミギンリョウソウとも言う。名前の由来は竜に見立てたことから付けられた。
a0093965_23122124.jpg

a0093965_23125915.jpg

a0093965_23131870.jpg

a0093965_23134248.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-20 23:14 | 自然・花木果物 | Comments(0)

ウルップソウ


ウルップソウ

八ケ岳連峰/横岳に咲いていたウルップソウ。下記の写真のように青紫色の花を穂状にたくさん咲かせる。最初に発見されたのが、北海道の東に位置する千島列島の得撫(ウルップ)島であったことが名前の由来となっている。
環境省レッドリストで野生絶滅の高い危険性がある危急種に指定されており、日本では北海道の礼文島、白馬岳、八ケ岳などに生育地が限られている。めったに見ることができない貴重な花である。
a0093965_2337293.jpg

a0093965_23372835.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-19 23:37 | 自然・花木果物 | Comments(0)

オダマキ


オダマキ


八ケ岳連峰/赤岳頂上手前の文三郎尾根・キレット権現岳分岐点近くに咲いていた高山植物のオダマキ(紫色)。ちなみに、花言葉は「断固として勝つ」。
a0093965_2244381.jpg

a0093965_22445985.jpg

a0093965_22451743.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2014-07-18 22:37 | 自然・花木果物 | Comments(0)