ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2016年生まれの赤ちゃんの名前ランキング

a0093965_21153621.jpg西日本新聞の記事によれば、明治安田生命保険は28日、今年生まれた赤ちゃんの名前のランキングを発表した。男の子は「大翔」(ひろと=主な読み方)、女の子は「葵」(あおい)が2年連続で1位を獲得。リオデジャネイロ五輪の開催年とあって、活躍した選手と同じ名前の急上昇が目立った。

大翔はここ10年間で計7回、葵は計3回で1位となり、根強い人気を維持している。男の子の2位は蓮(れん)、3位は悠真(ゆうま)。女の子の2位はさくら、3位は陽菜(ひな)だった。

明治安田は「男の子は大きく羽ばたくという活躍を、女の子は植物が成長して花を咲かせるイメージを重ねているのではないか」と分析している。

ちなみに、男の子のベスト5は

①大翔(ひろと)
②蓮(れん)
③悠真(ゆうま)
④陽翔(はると)
⑤朝陽(あさひ)

女の子のベスト5

①葵(あおい)
②さくら
③陽菜(ひな)
④凛(りん)
⑤結菜(ゆいな)
⑤咲良(さくら)
⑤莉子(まりこ)
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-30 21:29 | 暮らし・生活 | Comments(2)

パンジーの植え付け

2004年(平成16年)に始めた町内の三角花壇ボランティア活動(会員9の内、8名の参加、1名の不参加は平日ということもあって仕事の勤務のため)も今年で13年目を迎えたが、年末を控えて、パンジー(別名:三色菫 サンシキスミレ)を植えた。道行く人を楽しませ、なごませてくれることでしょう。
ちなみに、花言葉は「もの思い」「私を思って」
a0093965_11274717.jpg

a0093965_11281256.jpg

a0093965_11283399.jpg

a0093965_112907.jpg

a0093965_11292910.jpg

a0093965_11295388.jpg

a0093965_11302828.jpg

a0093965_11313570.jpg

a0093965_11315173.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-29 11:30 | 自然・花木果物 | Comments(2)

母校(高校)のクスノキ、ムクノキ

母校の校門(正面)を入ってすぐ左手に樹齢300年のムクノキ600年のクスノキの古木・巨木がシンボルツリーとして我々を迎えてくれる。この2本の巨樹を見ると母校に帰ってきたと言う実感がわく。
私が母校を卒業して約60年になるが、クスノキはその10倍の年数を数え、天高くそびえている。

小城高等学校のクスノキ(おぎこうとうがっこうのくすのき)
樹種 クスノキ
樹高 26m
目通り幹囲 7.8m
推定樹齢 600年

↓ クスノキの下部 ↓
a0093965_21315961.jpg

↓ クスノキの中段部分 ↓
a0093965_21334162.jpg

↓ クスノキの上段部分 ↓
a0093965_2134995.jpg


名称 小城高等学校のムクノキ
樹種 ムクノキ
樹高 16m
目通り幹囲 5.1m
推定樹齢 300年

↓ ムクノキの下部 ↓
a0093965_21274641.jpg

↓ ムクノキの中段部分 ↓
a0093965_21292444.jpg

↓ ムクノキの上段部分 ↓
a0093965_21281674.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-28 21:13 | 黄城会 | Comments(2)

佐賀の七賢人

佐賀藩に、幕末から明治にかけて、多くの優秀な人材(佐賀の七賢人)を輩出したことは佐賀県出身者として誇りに思っている。。その中でも特に「佐賀の七賢人」と呼ばれる人たち、即ち、①鍋島直正公、②大隈重信、③江藤新平、④副島種臣、⑤大木喬任(おおきたかとう)、⑥島義勇、⑦佐野常民である。
当時の時代を先駆けた顕著な功績をたくさん残した。彼らの活躍で、佐賀藩は、強い軍事力と優れた人材を作り上げ、幕末の日本で大きな力を持つ藩になった。

↓ 佐賀の七賢人 ↓
①鍋島直正公、②大隈重信、③江藤新平、④副島種臣、⑤大木喬任(おおきたかとう、⑥島義勇、⑦佐野常民である。
a0093965_22111794.jpg

↓ ①佐賀藩主である鍋島直正公の像(事情があって像はなく、台座のみ残っている) ↓
佐賀藩十代藩主。「稀代の名君」と呼ばれ、学問、救農、産業開発などの分野において功績を残し、西洋文明を積極的に取り入れたと高く評価されている。特に、藩校「弘道館」での教育、医学校や病院「好生館」の設立、また藩士に蘭学を修行させ、種痘の普及、そして反射炉の設立・大砲の鋳造などで全国に名を馳せた。
a0093965_21401423.jpg

↓ ②大隈重信 ↓
1882年立憲改進党、1898年憲政党を結成し、また内閣総理大臣を2度も務めた大隈重信は、特に財政・外交面で活躍し、世界的な政治家と評価された。一方、早稲田大学創立者としても有名である。
a0093965_21454168.jpg

↓ ③江藤新平 ↓
明治維新期には、卓抜した理論と抜きんでた事務能力で活躍した人物。初代司法卿として、廃藩置県、三権分立、議会の開催に尽くした。しかし征韓論に敗れて辞任。明治7(1874)年、明治政府に対する反乱である「佐賀の乱」を中心になって起こしたが、政府軍に敗れた。
a0093965_21495119.jpg

④↓ 大木喬任(おおきたかとう) ↓
明治政府以後、東京府知事、民部、文部、司法卿を歴任し、初代文部卿として、学制・学校令・教育勅語など、現在の教育体制の整備に力を注いだ 
a0093965_21545250.jpg


残り3名の賢人
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-27 21:37 | 旅・ドライブ | Comments(0)

田平天主堂

田平(たびら)天主堂(教会)(長崎県平戸市田平町小手田免19)は1918年に完成した。設計施工は鉄川与助で、多彩なレンガ積み手法、ススを塗った黒レンガによる装飾など、与助のレンガ造教会の最高峰とも言われている。正面には八角形のドームを頂く鐘塔がそびえ、内部のリブ・ヴォールト天井も本格的である。

田平天主堂( (カトリック田平教会)は、平戸瀬戸を見下ろす高台に立地する。司祭館や門柱、石段、石垣などが残り、周囲には墓地や畑が広がるなど、歴史的環境がよく保存されており、2003年に国の重要文化財に指定された。

a0093965_21171711.jpg

a0093965_21174316.jpg

a0093965_21182149.jpg

a0093965_21184451.jpg

a0093965_212498.jpg

↓ 信徒の墓は日本の墓と一緒であるが、墓の上に十字架像を設置してる ↓
a0093965_21532797.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-26 21:18 | 旅・ドライブ | Comments(4)

佐賀市の恵比寿

恵比須(えびす)とは日本の神で、福をもたらす神様として知られる七福神の一員として日本古来の唯一(その他はインドや中国由来)の福の神である。古くから漁業の神であり、後に留守神、さらには商い(商売繁盛)の神様として信仰されている。
夷、戎、胡、蛭子、蝦夷、恵比須、恵比寿、恵美須などとも表記し、えびすさん、えべっさん、おべっさんなどとも呼称されている。

恵比寿さんは右手に釣竿を持ち、左脇に鯛を抱える姿が一般的である。

佐賀市の恵比寿さんの数は800体以上で日本一であるとの認定を受けている。

↓ JR佐賀駅プラットホームに設置されている「旅立ち恵比寿」 ↓
a0093965_22324418.jpg

a0093965_22332132.jpg

a0093965_22334567.jpg

↓ 葉がくれ恵比寿~佐賀駅バスセンターに設置されている ↓
a0093965_22443266.jpg

↓ よかよか恵比寿~JR佐賀駅を出てすぐ左手にある歩道左手(西友スーパーの出入口)にある ↓
a0093965_2372422.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-25 22:33 | 黄城会 | Comments(2)

登山パターン(スタイル)

a0093965_23154288.jpg山行きパターン(スタイル)はヒトの人数によって分けられる。

*単独登山(ひとりで登る)
*ペア(ふたり)登山~2名
*パーティ(グループ);5~6人まで
*所属グループ(登山団体の月例会);10名前後
*ツアー(団体)登山;10名以上
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-24 23:11 | 登山、ハイキング | Comments(0)

針尾無線塔

針尾無線塔は西海橋の近くにそそり立つ、コンクリート製の三本の塔である。この塔は太平洋戦争の勃発の口火を切った真珠湾攻撃の暗号文「ニイタカヤマノボレ1208」をここでも中継したと伝えられている。
300mの正三角形の頂点に立つ136mの塔は、旧日本海軍が1922年に作った無線塔で、大正7年から5年の歳月を費やし建設された。

a0093965_22493550.jpg

a0093965_22495864.jpg

a0093965_22502149.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-23 22:50 | 旅・ドライブ | Comments(0)

十可苑の紅葉

紅葉の名所は多いが佐賀市大和町・川上峡の十可苑の紅葉も名所のひとつに数えられいる。十可苑は鍋島家の別荘地を利用して造った6万mの庭園の紅葉は一見の価値あり。
また、
初夏にはツツジ3万株、シャクナゲ1万本が咲き乱れ季節ごとに違った表情を見せてくれる。機会があれば是非、足を運んでみたい。

a0093965_22311329.jpg

a0093965_22341311.jpg

a0093965_22315849.jpg

a0093965_22322622.jpg


九州の紅葉のベスト10
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-22 22:33 | 自然・花木果物 | Comments(0)

黄城会(高校同窓会)

a0093965_21384128.jpg小城高校10回生(昭和33年3月卒業)「喜寿を祝う里帰り同窓会」を明日から2泊3日(11月22日~24日)に参加しますので、ブログアップは休みます【(ブログ更新は11月25(金)から】

スケジュールは下記です。

a0093965_22104699.jpg*11月22日(火)

 「グランデはがくれ」(佐賀市)
 集合;14:00
 観光;①歴史探訪コース
 ②紅葉見物コース
 懇親会;18:00~21:00


*11月23日(水) 9:00 「グランデはがくれ」を出発
             9:00~9:30 母校(小城高校)
            11:00~11:30 浦頭(うらがしら)引き揚げ記念館 
            12:00~12:50 昼食
            14:00~15:00 九十九遊覧
            16:30~16:45 田平天主堂
            17:00~宿着
            1800~21:00 懇親会

* 11月24日(木) 8:30~9:15 平戸オランダ商館見学
              9:15~10:30 平戸ザビエル記念協会、平戸白
              12:00~昼食
              14:30~15:15 大川内山
              16:20~母校(小城市)着
              17:00~佐賀駅着~解散
 
              
[PR]
by taminamikawa1 | 2016-11-21 22:08 | 黄城会 | Comments(2)