ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

ツツジ(躑躅)

那珂川町中央公民館(福岡県那珂川町後野)を10時15分にスタートし、川に沿って、約10分ぐらい歩いた傾斜地に見事なツツジ園が広がっていた。
これは一見の価値あり。


↓ 松とツツジ ↓
a0093965_21515485.jpg
↓ 赤と白のコラボレーションが鮮やかなツツジ
a0093965_21525892.jpg
↓ ツツジの群生美 ↓
a0093965_21535677.jpg
a0093965_21554149.jpg
↓ 山藤とツツジ ↓
a0093965_22071439.jpg



[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-25 21:56 | 自然・花木果物 | Comments(4)

ツツジ(躑躅)

今、ツツジ(躑躅)が満開で旬である。一番美しい時期でもある。ツツジ属のうち、主に落葉性または半落葉性の植物の総称で、ツツジは4月ごろに咲きはじめる。
ツツジの由来は花が「筒(つつ)」状になっていることに由来すると言われている。他には、花が次々に連なり咲く様子から「続き(つづき)」が語源であるとも言われている。
ちなみに、ツツジ全般の花言葉は「節度」「慎み」で、色によって花言葉が違っている。赤いツツジは「恋の喜び」、白いツツジは「初恋」

a0093965_21200255.jpg
a0093965_21203909.jpg
a0093965_21213144.jpg
a0093965_21221178.jpg



[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-24 21:22 | 自然・花木果物 | Comments(6)

オキナグサ(翁草)

過日、佐賀県東部・福岡県との境にある基山(405m)に登った折に、山頂に暗紫色のオキナナグサ(翁草)が咲いていた。山野などの日当たりのよいところに生え、春、内側が茶色の花が やや下向きに咲く。
花言葉は「 何も求めない」「告げられぬ恋」「清純な心」「裏切りの恋」など。

a0093965_21373964.jpg
a0093965_21282130.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-23 21:30 | 自然・花木果物 | Comments(2)

大城山

過日、AM10:30に大野城総合グランド登山口をスタートして、AM11:40に四王寺山最高峰の大城山(標高410m)に登頂。所要時間は1時間10分。
ちなみに、
大城山の他に大原山(354m)、焼米ケ原(350m)、岩屋山(岩屋城跡)、水瓶山(212m)等がある。
大城山のすぐそばには四王寺毘沙門堂がある。

a0093965_20320086.jpg


マイ山歴
[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-22 20:32 | 登山、ハイキング | Comments(0)

タンポポ(蒲公英)

タンポポ(蒲公英)の開花時期は 3/10 ~ 5/末頃で、今が最盛期、道端から山地で見かけるポピュラーな花である。別名を鼓草(ツヅミグサ)と言う。
鼓(つづみ)は日本伝統の楽器で、鼓をたたく音の「タン」「ポポ」という擬音語が語源となり、植物もタンポポと呼ばれるようになったとも言われている。

ちなみに、タンポポの花言葉は「愛の神託」「神託」「真心の愛」「別離」
a0093965_21463630.jpg
a0093965_21482517.jpg
a0093965_21494225.jpg
a0093965_21503257.jpg


[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-21 21:50 | 自然・花木果物 | Comments(4)

シャガの花

昨日、大野城総合グランドをスタートして、大城山(標高410m)・毘沙門堂に行く途中にある第一展望所近くに咲いていたシャガの花。
人家近くの森林周辺の木陰などの、やや湿ったところに群生する。開花期は4 - 5月ごろで、白っぽいアヤメに似た花をつける。花弁に濃い紫と黄色の模様がある。根茎は短く横に這い、群落を形成する。草丈は高さは50 - 60cm程度までになり、葉はつやのある緑色、左右から扁平になっている。
ちなみに、花言葉は反抗、決心、抵抗、私を認めて、友人が多い。

a0093965_22405086.jpg
a0093965_22414576.jpg
a0093965_22474346.jpg


[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-20 22:48 | 自然・花木果物 | Comments(2)

筆リンドウ(筆竜胆)

絶好の登山日和に、大野城総合グランドをAM10:00にスタートし、大野城総合体育館経由して、大城山(標高410m)・毘沙門堂に行く途中にある第一展望所近くに咲いていたフデリンドウ(筆竜胆)。

フデリンドウ(筆竜胆)は茎先に青紫色の花を数輪つける。
花冠の先は5つの長い裂片と5つの短い裂片(副片という)に分かれている。
長い裂片の裏側は緑色で、日中以外は花を閉じ、緑色のところだけが外に来るようになっている。

ちなみに、花言葉は真実の愛、本当の愛、正義、誠実、高貴

a0093965_21145966.jpg
a0093965_21153963.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-19 21:24 | 自然・花木果物 | Comments(2)

八重桜

拙宅から北へ50mの安徳公園に1本の八重桜があり、今、満開を迎えている。
ソメイヨシノ(染井吉野)が花吹雪となり、そのあとを引き継いで、八重桜が今を盛りと咲き誇っている。
八重桜の名前の由来は花びらが重なって咲く「八重咲き」になることから言う。
ちなみに、花言葉は「しとやか」「教養がある」 「善良な教育」。
a0093965_21050401.jpg
a0093965_21391507.jpg
a0093965_21400681.jpg
a0093965_21404702.jpg


[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-18 21:34 | 自然・花木果物 | Comments(4)

青麦

少し郊外に目を転じると、青々とした麦穂が一面に広がっている。麦の若葉が出揃い穂が出るまでのあいだの麦を青麦と言う。若葉の緑は目にも鮮やかである。

a0093965_21161883.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-17 21:17 | 自然・花木果物 | Comments(0)

基山(きざん)

福岡と佐賀の県境に跨がる基山【(きざん)405m・筑紫野市/基山町)】に登った。登山口である基肄城跡を10:00にスタートし、米倉跡、礎石群、土塁、鐘撞跡東北門跡などの遺跡を巡りながらの山歩きであった。

山頂には12:30着、登りの所要時間は2時間30分。

山頂は360度の眺望で宝満山、大根地山、古処山、脊振山、九千部山などを見ることができる。
また、
山頂はなだらかな傾斜地になっており、草スキーができる。

山頂を12:50下山開始し、下山口に13時25分着、下りは35分の所要時間であった。

↓ 基山(きざん)405m 
a0093965_22153961.jpg
a0093965_22202203.jpg
a0093965_22253115.jpg


マイ山歴
[PR]
# by taminamikawa1 | 2017-04-16 22:28 | 登山、ハイキング | Comments(0)