ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

三四郎納涼食事会

昨夜、室見川沿い(室見橋)のお手軽割烹 三四郎(〒819-0015 福岡市西区愛宕3丁目1-6 とり市横)で三四郎納涼食事会(懐石・会席料理)をした。

年に1度の大奉仕食事会でアルコール飲み放題付きで、会費は4300円。

室見川の夜景を借景にしながらの食事会はアルコール付きで大いに盛り上がった。


a0093965_22543644.jpg
a0093965_22542047.jpg
a0093965_22540147.jpg
a0093965_22552782.jpg
a0093965_22554900.jpg






お手軽懐石・会席料理の三四郎
[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-18 22:56 | グルメ | Comments(0)

キコスモス(黄秋桜)

過日、片縄山(293m)に登った折に登山口近くに咲いていたキコスモス(黄秋桜)。
一般に見ることができるピンクや白のコスモスは秋口に咲くが、キコスモス(黄秋桜)は真夏に咲く。
ちなみに、花言葉は「野生的な美しさ、自然美、幼い恋心」


a0093965_12572680.jpg
a0093965_12580215.jpg
a0093965_12582934.jpg
a0093965_12585286.jpg



[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-17 13:00 | 自然・花木果物 | Comments(0)

スマートホン(スマホ)デビュー

a0093965_21070118.jpg
孫の帰省に合わせて、遅まきながらスマートホン(スマホ)デビューをした。

携帯電話を永年使用してきたが、孫とのビデオ通話(電話/動画)をするにはスマホへの変更が必要であった。

スマホはマスターするまでには時間がかかるし、それなりの努力がいる。

スマホを使いこなすことは認知症対策になるし、時代の要請でもある。



[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-16 21:56 | 暮らし・生活 | Comments(0)

孫の帰省

盆休に帰省した息子(娘)夫婦(孫含む)と過ごした、どこの祖父母(ジージバーバー)も口にする言葉が「帰ってきて嬉し、帰って嬉しである。

正直のところ、と3日間、過ごすのは心身ともに「疲れる」。

関西在住の長男夫婦(孫)が11日に福岡に帰ってきて、3日間の盆休を過ごし、今日・13日に福岡を発ち、見送ったら、ほっとすると同時に疲れもどっと出る。

↓ アンパンマンミュジアムで孫と付き合う ↓

a0093965_21272693.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-13 21:20 | CSS講座 | Comments(4)

片縄山~糠塚山縦走(ピストン)

連日、35度前後の猛暑・酷暑・熱暑日が続いているが、1日中、エアコンを使うのは経済的に大変であるし、健康面でも良くない。

先月31日~8月2日の2泊3日と立山(雄山/3003m~大汝山/3015m~富士の折立/2999m)登山を終え、早や、1週間過ぎたが、

家の内・外にいても暑いのが同じであれば、朝の涼しい間に山歩きをと思い、ホームグランドである片縄山~糠塚山縦走(ピストン)をした。

↓ AM5:40登山口をスタート、
a0093965_21212680.jpg
↓ 6:40に片縄山に登頂(所要時間1時間) ↓
a0093965_21250856.jpg
↓ 糠塚山に行く途中にヤフーオクドーム球場等が見える展望台でひと休み ↓
a0093965_21253896.jpg
↓ 7:55に2座目の糠塚山に登頂 ↓
a0093965_21260766.jpg
↓ 8:55分に片縄山着 ↓
a0093965_21270240.jpg
↓ 片縄山の温度は25度(平地よりは10度ほど低い ↓
a0093965_22100852.jpg
↓ 9:40片縄山登山口に下山、片縄山~糠塚山縦走(ピストン)の所要時間は約4時間 ↓
a0093965_21212680.jpg



[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-10 21:27 | 登山、ハイキング | Comments(2)

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

日本三大霊峰の一つである立山(3015m)に登る途中に岩場に咲いていたアキノキリンソウ(秋の麒麟草)

アキノキリンソウとはキク科アキノキリンソウ属の多年草である。 高さは70から80cm程度となり、8 - 11月に総状の黄色い花を多数つける。葉は互生する。茎の下部の葉は先端がとがる楕円形で、茎の上部では披針状。

ちなみに、花言葉は予防、用心、警戒、 励まし」

a0093965_22293736.jpg
a0093965_22300469.jpg
a0093965_22320902.jpg



[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-09 22:32 | 自然・花木果物 | Comments(0)

シナノキンバイ(信濃金梅)

過日(7月31日)、念願の日本3大霊峰のひとつである立山3座【(雄山/3003m)~大汝山(3015m)~富士の折立(2999m)】を縦走すべく、13:50に立山自然保護センターをスタートし、一ノ越に行く途中に、ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)によく似た黄色い花の「シナノキンバイ(信濃金梅、キンポウゲ科)」が咲いていた。

花は、比較的大きく、直径3~4cm、花弁状のガク片は5~7枚で橙黄色。葉は、掌状に深く裂け、裂片はさらに3中裂し、縁に不ぞろいで鋭い鋸歯がある。

名前の由来は信濃地方に多く、黄金色で梅のような花を咲かせることから。

ちなみに、花言葉は「恋・呪い」


a0093965_17202104.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-08 17:05 | 自然・花木果物 | Comments(0)

ウサギギク(兎菊)

立山自然観察センター(富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂平 /2700m)を15:00にスタートし、本日の宿泊予定の一の越山荘に行く途中に見かけた「ウサギギク(兎菊)」

長い茎の先に、ヒマワリに似た黄色い花をつける。

高山の砂礫地や残雪のそばの草地などに生える。花は黄色で茎の先に1個つき、ヒマワリの花をミニチュアにしたような感じで可愛らしい。葉には小さな鋸歯があり、茎の下部では対生するが、上部では互生して小さくなる。全体に毛が密生する。

名前の由来は茎に向かってついている2枚の葉が、ウサギの耳のように見えることから、この名がつけられたといわれている。

花言葉は「愛嬌」

a0093965_21455630.jpg
a0093965_21443829.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-07 21:47 | 自然・花木果物 | Comments(0)

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)

日本三大霊峰の一つである立山(3015m)/一の越付近(2700m)に咲いていた赤紫色のヨツバシオガマ(四葉塩竈)。

4枚の葉が輪生し、花冠の先がくちばしのようになっているのが特徴。

シオガマギク属は半寄生植物で、イネ科やカヤツリグサ科の植物の根に寄生して養分を分けてもらうため、近くに宿主のある草原に生える。

ちなみに、花言葉は「誘惑」

a0093965_23051642.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-06 22:59 | 自然・花木果物 | Comments(0)

チシマギキョウ(千島桔梗)

過日(8月1日)、AM4:00起床、4:30に一の越山荘ホテルをスタートし、日本3霊峰の一つである立山(雄山/3003m)を目指した。
岩峰の立山だけに、岩の間を這うようにして登ったが、岩の隙間にチシマギキョウ(千島桔梗)が咲いていた。

チシマギキョウ(千島桔梗)はキキョウ科・ホタルブクロ属で紫色の細長い筒状の花房が特長である。

ちなみに、花言葉は、「貞節」「忠実」「誠実な愛」。
a0093965_22211496.jpg
a0093965_22214894.jpg

a0093965_22202123.jpg
a0093965_22195188.jpg

[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-08-05 22:16 | 自然・花木果物 | Comments(4)