ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

蝋梅(ろうばい)の花

過日、三社( 筥崎宮、十日恵比寿、櫛田神社)詣りした折に福岡市東区馬出町の住宅街で見かけた蝋梅(ろうばい)の花。

和名の蝋梅(ロウバイ)」は、花びらが蝋(ろう)のような色で、また、
臘月(ろうげつ、旧暦12月)に花を咲かせることに由来する。

ちなみに、花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」「先導」「先見」

花言葉
の「ゆかしさ」「慈しみ」は、まだ花の少ない冬期に、そっと黄色い花を咲かせるロウバイのひかえめで奥ゆかしい姿にちなむとも言われている。

a0093965_21215099.jpg

a0093965_21230457.jpg

a0093965_21232164.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-13 21:16 | 自然・花木果物 | Comments(2)
Commented by dojyou38 at 2018-01-14 22:44
私は蝋梅と言えば思い出すのは、
大博通り・東長寺の蝋梅です。
毎年、三社詣りの序でにお参りした時の
芳しい香りでが思い出されます。
Commented by taminamikawa1 at 2018-01-16 22:26
dojyou38 さん    こんばんわ。
蝋梅の花は正月明けに最初に咲く花ですね。
今年のSNF三社詣りのあと、中州で新年会をしましたので、東長寺の蝋梅を見ることはできませんでした。
<< だるま(達磨) スポーツマンシップとは >>