ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

求菩提山の杉林

過日、登った求菩提山の杉林はよく手入れされており、特に「構の石門」付近のそれは見事な景観を作っている。
杉は材木等として利用される反面、杉の花粉による花粉症に悩まされるというデメリットもある。


↓ 「構の石門」付近の杉林 ↓
a0093965_10501192.jpg
a0093965_10364001.jpg
a0093965_10372417.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2018-05-10 10:50 | 自然・花木果物 | Comments(2)
Commented by dojyou38 at 2018-05-12 09:33
スギやヒノキの植林帯も間伐や
枝打ちがされてないところが多いですね。
間伐や枝打ちがされていれば花粉少なくなるのでしょうが・・
また、手入れがされている林は日光が入るので林床に
様々な植物が生えますが、されてないと日光が射さないので
植物が生えず山肌がむき出しになっているところが多いですね。
Commented by taminamikawa1 at 2018-05-13 16:55
dojyou38さん  こんにちわ。
最近では登山の折に感じますのは竹林の地主が高齢化したりで「間伐や枝打ちがされていない竹林」が多く見られますね。
残念なことですが・・・。
<< ユキノシタ(雪ノ下) ガザニア >>