ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

九州オルレ/八女コース

残暑厳しいなか、九州オルレ/八女コース(11km、約5時間)を歩いた。
スタートは山の井公園(八女市上山内)、そこから600mの童子山古墳【(どうなんざんこふん)~筑紫君磐井一族の最終末を飾る大型円墳】→犬尾城址(鎌倉時代初期の山城址)→八女中央大茶園展望所→一念寺→江崎食品→丸山塚古墳→八女リハビリ病院前→岩戸山古墳→岩戸山歴史文化交流会

↓ 九州オルレ/八女コースのスタート地点 ↓
a0093965_22043972.jpg
↓ 童子山古墳 ↓
a0093965_22052212.jpg




オルレとは
[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-25 22:02 | 登山、ハイキング | Comments(0)

鯉料理

清水の滝は全国名水百選の一つ清水川の上流にある滝で、高さ75メートル、幅13メートルの清流が垂直に流れ落ちる。別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれ、滝のそばには名水にさらした鯉料理店が8軒ほどを連ねている。

この滝の水に鯉をさらして、生臭さを取り除き、鯉の洗いや鯉こく、ご飯、お新香等の鯉料理(1人前で2106円)をたべさてくれる。

↓ 鯉料理【鯉の洗いや鯉こく、ご飯、お新香等の鯉料理(1人前で2106円)】 ↓
a0093965_21281109.jpg
↓ メニュー ↓
a0093965_21373039.jpg
↓ 清水の滝からの水を生簀に放流し、鯉の生臭さを取り除いている ↓
a0093965_21411419.jpg





清水屋
[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-24 21:39 | グルメ | Comments(0)

「むつごろう」のかば焼き

昨夜、有明海のの郷土料理【「むつごろう」のかば焼き】や「くちぞこの煮付け」を出してくれる居酒屋「蔵」(佐賀市)で舌つづみを打った。

むつごろうは私の郷里である有明海に棲んでいるハゼ科の魚で、全長20cm程度で水陸両生魚である。
体の色は青みがかった灰色で第1背びれのとげは比較的長い。


↓ 
【「むつごろう」のかば焼き】 ↓

a0093965_22423452.jpg
↓ 居酒屋「蔵」 ↓
a0093965_22483844.jpg



ちなみに、酒は天山
[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-23 22:44 | グルメ | Comments(0)

ハス(蓮)の花

ハス(蓮)の花をウォーキング中に見かけた。蓮(ハス)は心を清らかにしてくれる、美しい「極楽浄土に咲く花と言われている。
ちなみに、花言葉は「清らかな心」「神聖」。

a0093965_11241067.jpg
a0093965_11244213.jpg
a0093965_11250731.jpg



[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-22 11:25 | 自然・花木果物 | Comments(1)

ヒガンバナ(彼岸花)

お彼岸の頃に咲くので彼岸花【ヒガンバナ・曼珠沙華(まんじゅしゃげ)】という。今を盛りと、田んぼのあぜ道などに深紅の鮮やかなヒガンバナが咲いている。

ちなみに、全般的な花言葉は「あきらめ」「独立」、白い花は「また会う日を楽しみに」、赤は「情熱」、黄の花は「深い思いやりの心」。

a0093965_16252134.jpg
a0093965_16260687.jpg
a0093965_16263318.jpg







ヒガンバナを庭に植えない理由は
[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-21 16:19 | 自然・花木果物 | Comments(2)

赤米(古代米)

糸島吉井地区で作られている赤米(古代米)を見学し、試食した。赤米は試食した感じでは雑穀米に近い。

赤米についてインターネットで調べると、
赤米は古代米の種類の一つで、玄米の色が赤褐色で果皮、 種皮の部分に赤色色素(タンニン系)を含んだ米である。
5分づきにすると薄紅色になり、糠を全て取り除くと白米になる。 野生稲の大部分が赤米であることから赤米は米のルーツであり、 赤飯の起源と考えられている。

↓ 手前の赤い稲穂が赤米で、奥の黄緑の稲が現在、農家で作られているもの 
a0093965_09260556.jpg
↓ 赤米を栽培・販売されている農家から、頂いた赤米(稲穂) ↓
 
a0093965_09304791.jpg
↓ 赤米を試食した ↓
a0093965_09321582.jpg


[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-20 09:23 | 暮らし・生活 | Comments(1)

二丈赤米アート田んぼ

昨日、福岡県糸島市二丈吉井地区で20数年前に生まれた二丈赤米を使った「田んぼアート」を初めて見に行った。
田んぼアート」に書いてある文字は「よぉきたね 糸島ぃ!」(よく来たね 糸島へ!)

↓ 展望台から見た
田んぼアート」(赤米) ↓

a0093965_20455483.jpg
↓  田んぼアート」(よぉ来たね) ↓
a0093965_20594857.jpg
a0093965_22173555.jpg

a0093965_20402620.jpg




[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-19 22:26 | 登山、ハイキング | Comments(0)

センニチコウ(千日紅)

今、センニチコウ(千日紅)が満開を迎えている。紫の華やかな色で庭を彩っている。暑さと乾燥に強く、日本の夏に適した性質で、長期間咲き続ける。
ちなみに、花言葉は「不朽」「色褪せぬ愛」


a0093965_21055157.jpg
a0093965_21061554.jpg
a0093965_21065158.jpg



[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-18 21:07 | 自然・花木果物 | Comments(2)

敬老会

今日、福岡県那珂川町今光区の敬老会が公民館でAM11時から開催された。

今年の敬老会は平成では最後の、また、今年の10月1日に那珂川町が町から那珂川市に昇格するので、町としては最後の敬老会である、来年からは新しい年号のもとでの敬老会となる。

敬老のは日本の国民の祝日の一つで「多年にわたり社会に尽くしてきたシニア(高齢者)敬愛し、長寿を敬う」日である。

ちなみに、敬老の日は日本独自の制度である。


a0093965_15134240.jpg
a0093965_15475076.jpg
式次第は
a0093965_15142953.jpg
↓ 町からのプレゼントは①赤飯ランチ、②お菓子(ひよこ饅頭セット)/写真下の右、③お茶/写真下の左、④お酒(日本酒/松竹梅)④ヒマワリの花、⑤ペットボトルのお茶

a0093965_15483970.jpg




敬老の日の由来は
[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-17 15:15 | イベント・記念日 | Comments(2)

立山(雄山、大汝山、富士の折立)のガレ場(岩場、岩峰)

立山(雄山、大汝山、富士の折立)の登山口である一の越山荘(2800m)をスタートすれば、下記の写真のようなガレ場(岩場、岩峰)が下山まで続いている。

ガレ場と言えば、日本百名山である五竜岳も立山のようなガレ場を登ったことが思い出される。

a0093965_21122754.jpg
a0093965_21130497.jpg
a0093965_21132589.jpg
a0093965_21135058.jpg




[PR]
# by taminamikawa1 | 2018-09-16 21:16 | 登山、ハイキング | Comments(2)