ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:スポーツ( 83 )

ロシアW杯、惜しくもベスト8ならず

日本とベルギーの差は紙一重でロシアW杯で日本、惜しくもベスト8に進めなった
前半は0対0であったが、後半に入って日本が2点リードした段階で、日本の力からしてベスト8を信じたが、結局、終わってみたら、3対2で惜敗した。
これがW杯で世界の壁は厚かった。西野監督を初め選手は力の限りを尽くしたが、力の差でベスト8は4年後のW杯に持ち越された。


【下記の写真はNHKテレビ放映を借用しました】
a0093965_12343745.jpg
a0093965_12350110.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-07-03 12:35 | スポーツ | Comments(4)

試合に負けて、勝負に勝った

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、1次リーグH組の日本は28日、ボルゴグラードであった最終第3戦でポーランドに0ー1で敗れた。

1勝1分け1敗の勝ち点4でセネガルと並んだが、警告数の差でH組2位となり、2大会ぶりに3度目の決勝トーナメントに進んだ。


タイトルの試合に負けて、勝負に勝つは西野監督が決勝進出のために取った戦略であったが、賛否両論がある。

西野監督の決断は本意ではないが、「小を捨てて、大を取る」「試合に負けて、勝負に勝つ戦略で、「結果(終わり)良ければ、すべて良し」である。決して間違った戦法ではなく、監督や選手の最良の選択であった。結果的に決勝進出を勝ち取ることができたのであるから。

決勝のベルギー戦に全力を尽くして勝ちに繋げてほしい。

この戦略(戦法)はサッカー・野球等のスポーツに限らず、人生にとっても同じことが言える。


a0093965_21272892.jpg
a0093965_21280352.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-06-30 21:28 | スポーツ | Comments(2)

サッカーW杯で日本、コロンビアに勝利

サッカー日本代表は昨夜のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦で2-1と劇的に勝利した。

6回目の出場で南米勢からアジア初勝利を挙げた。コロンビアは前回大会の1次リーグ最終戦で1対4と大敗した相手であり、4年ぶりの再戦で雪辱して勝ち点3を手にした。

戦前の予想ではコンビアが圧倒的に高かったが、監督の采配、チームワーク、交代の妙で日本に勝利をもたらした。海外のメディアも日本の勝利を大きく報道していた。

まさに、記憶に、記録に残る勝利であり、日本中を感動と興奮の渦に巻き込んだ。

(下記の写真は西日本新聞新聞掲載からお借りしました)

a0093965_22031803.jpg
a0093965_22044259.jpg
a0093965_22052710.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-06-20 22:06 | スポーツ | Comments(0)

スポーツマンシップ

a0093965_20392956.jpg
【左記の写真はインターネットから借用しました】

スポーツ選手として、否、人間(社会人)としても絶対にやってはいけないアンフェアー(悪質行為)をアメフットの関学&日大戦で日大のA選手がボールを持っていない選手に後ろから不意打ちをかけるようにタックルをし、3週間の怪我をさせた。

このアンフェアな行為はスポーツの試合でなかったら、犯罪行為(傷害罪)である。

悪質行為をした選手が言うにはこれは日大の監督からの指示でやったと。

このような悪質行為を監督が選手にやらせるというようなことは前代未聞であり、開いた口がふさがらない。

勝つためには手段を択ばない戦法はスポーツの世界ではいうまでもなく、一般社会でも許されない。

悪質行為をやらせた監督の責任は重いし、その資質が問われる。

こような例は
レスリングの五輪4連覇、国民栄誉賞にも輝く伊調馨選手が「週刊文春」に対し、監督でもある栄和人強化本部長の「パワハラ」の事例も記憶に新しい。



スポーツマンシップとは
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-05-18 20:40 | スポーツ | Comments(0)

ソフトバンク&西武選のプロ野球観戦

昨夜、ヤフオクドーム球場(福岡市)でソフトバンク&西武選のプロ野球観戦をしたが、ソフトバンク先発のバンデンハークや岡本等の本来の調子が発揮できず、西武の中軸打者に3本のホームランを含む12失点で、終わってみると応援のかいなく12対6で負けた。
勝負事なので、どちらかが勝ち、負けは分かっているが、ソフトバンクファンとしては残念な結果に終わった。
シーズンが終わった時点で、終わりよければすべて良しで終わってほしいもの。
a0093965_21575015.jpg
a0093965_21581312.jpg
a0093965_21584549.jpg
a0093965_21591518.jpg
a0093965_21595001.jpg
a0093965_22003385.jpg
a0093965_22005907.jpg
a0093965_22012829.jpg
a0093965_22015072.jpg







[PR]
by taminamikawa1 | 2018-04-26 22:02 | スポーツ | Comments(2)

観覧車 スカイホイール

観覧車とは遊園地などにある乗り物のひとつで、巨大な水車形の、ゆっくり回転する骨組みにつるしたゴンドラに乗り、高い位置からの展望を楽しむ遊具

下記の観覧車 スカイホイール
(〒819-0001 福岡県福岡市西区小戸2-12-43 エバーグリーンマリノア内)は能古島行きフェリーから見た海辺の観覧車。
高さ約60m、直径約50m。4人乗りのゴンドラ36台のうち、2台は車いすでも乗降できます。眺める方角によって異なる景色がゴンドラ内を演出。観覧車で約12分間の空中散歩を楽しむことができる。

a0093965_22062384.jpg
a0093965_22064503.jpg
a0093965_22070999.jpg
a0093965_22072999.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-02-27 22:07 | スポーツ | Comments(2)

冬季五輪最多 メダル11個

平昌冬季五輪13日の21日、スピードスケート/チームパシュート(女子団体追い抜き)決勝で日本は2分53秒89の五輪新記録をマークしてオランダを破り、金メダルを獲得した。日本のメダルは11個で1998年長野五輪を上回り、冬季大会最多となった。

高木美帆、高木菜那の姉妹と準決勝で菊池彩花、決勝は佐藤綾乃で臨んだ。
個人の記録ではオランダの選手はメダリストで優位であったが、3名のチーム力では個々人の記録では劣る日本がチーム力で勝った。

特に
高木美帆は1500mが2位、1000mが3位で金銀銅の3個のメダルを獲得した長野五輪スキー・ジャンプの舟木和喜に次いで、冬季五輪1大会で三つの獲得した2人目の日本選手となった。

↓ 下記の写真は西日本新聞掲載写真をお借りしました 
a0093965_22121165.jpg
a0093965_23003279.jpg
a0093965_22130556.jpg


また、18日のスピードスケート女子500mで小平奈緒が36秒94の五輪新記録で金メダルを得た。

今大会ではフィギュア男子の羽生結弦に続いて2個目で、通算では11個となった。
a0093965_22150486.jpg
a0093965_22143820.jpg
a0093965_23013372.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-02-22 22:15 | スポーツ | Comments(2)

ダーツ(ゲーム)

過日、今光区シニアクラブ(老人会)例会でダーツ大会があり、初参加した。
初めての参加ということもあり、成績は散々だった。

ダーツ(ゲーム)とは手投げ可能な小さい矢を壁の的を射て得点を競うゲームである。

↓ ダーツの的  ↓

a0093965_21371957.jpg
↓ 得点 ↓
a0093965_21393094.jpg
a0093965_21401338.jpg
a0093965_21404953.jpg
a0093965_21411505.jpg
a0093965_21413339.jpg






[PR]
by taminamikawa1 | 2018-02-19 21:41 | スポーツ | Comments(2)

フィギュア男子 羽生結弦 66年ぶり 連覇

フィギュア男子の羽生結弦、宇野昌磨が圧巻の演技で金銀2冠、1位~2位のワンツーショットを決めた。

平昌冬季五輪で昨日、フィギュア男子 羽生結弦がショート・フリーでも圧巻の演技を披露し、男子で1948年サンモリッツ、52年オスロ大会のルチャード・バットン(米国)以来、66年ぶりの連覇を達成した。

また、最後に演技した宇野昌磨がフリーの演技で最初の4回転で着地の時に失敗したが、あとは普段通りにまとめた。

↓下4枚の写真は西日本新聞から借用しました ↓

a0093965_21172100.jpg
a0093965_21194944.jpg
a0093965_21184168.jpg
a0093965_21214991.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-02-18 21:23 | スポーツ | Comments(2)

スポーツマンシップとは

a0093965_14180953.jpg
スポーツマンシップとは

正々堂々と全力を尽くして競技するスポーツマンとしての態度・精神。

スポーツマンシップにのっとって戦う」ことを言う。


今回のカヌー選手による薬物混入はとんでもないというか、前代未聞事件であり、あってはならない犯罪である。

勝利第一主義に陥っているような気がする。

スポーツマンシップ
に反することはいうまでもなく、人間として・社会人としてもあるまじき事である。

マスコミ報道によると、昨年9月のカヌー・スプリント日本選手権で、鈴木康大(32=福島県協会)が五輪ライバルである後輩の小松正治(25=愛媛県協会)の飲料にドーピング違反の対象となる禁止薬物を混入したり、現金とパスポートを隠したほか、所属先に中傷する内容のメールを送る などの嫌がらせ行為をするなど、まさに犯罪行為である



スポーツ界以外でも事件が・・・
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-12 14:02 | スポーツ | Comments(4)