ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:旅・ドライブ( 253 )

今光区シニアクラブ(老人会)日帰りツアー

a0093965_21113170.jpg
今光区シニアクラブ(老人会)日帰りツアー(旅行)で田主丸の柿狩り&筑後川温泉の旅館「ふくせんか」での会席料理&カラオケで楽しいひと時を過ごした。

下記の写真は旅館から見た筑後
川。
a0093965_21200785.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-20 21:13 | 旅・ドライブ | Comments(0)

道の駅「うきは」かかしコンクール

道の駅「うきは」第9回「かかしコンクール」10月19日(金)~11月30日(金)まで開催されていた。今日が初日である。

かかし」は農耕文化の中で大きな役割を果たしてきたが、農業を取り巻く急激な変化の中で「かかし」の形態・役割など大きな変化をきたしており、最近では
各地域で農業者等の思いや世相を表現する一手法として定着している。 

a0093965_22015506.jpg
a0093965_22033365.jpg
↓ タレントのタモリさん(73)が、10月1日付で福岡県うきは市の「ふるさと大使」に就いている。
タモリさんは福岡市出身だが、うきは市出身の妻の縁で、依頼を快諾した ↓
a0093965_22052830.jpg
a0093965_22050550.jpg







道の駅「うきは」かかしコンクール
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-19 21:59 | 旅・ドライブ | Comments(2)

亀山上皇銅像

亀山上皇銅像(下記の写真)は13世紀後半の元寇の際に亀山上皇が「我が身をもって国難に代わらん」と伊勢神宮などに敵国降伏を折願された故事を記念して、福岡県警務部長(現在の警察署長)だった湯地丈雄等の十七年有余の尽力により、明治37年、元寇ゆかりのこの地(福岡市博多区東公園)に建立された。

衣冠束帯の直立像の高さはおよそ4.8メートルある。原型の制作者は、当時高村光雲下で活躍していた福岡出身で博多櫛田前町生まれの彫刻家山崎、朝雲で、亀山上皇像はその代表作のひとつである。

また、台座に書かれた「敵国降伏」の文字は、初代福岡県知事有栖川宮
熾仁(たるひと)親王の筆によるものである。
a0093965_22194026.jpg
a0093965_22202687.jpg
↓ 敵国降伏と書かれている ↓
a0093965_22205540.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-12 22:11 | 旅・ドライブ | Comments(0)

徐福像

徐福像(福岡県八女市山内町)が童男山古墳(1号)近くに建立されており、童男丱女3000人を連れて不老長寿の薬を求めてやってきたと言われている。
a0093965_22401870.jpg
a0093965_22515475.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-09-29 22:52 | 旅・ドライブ | Comments(0)

南福岡車両区竹下車両基地

アサヒビール園に行った帰りにJR竹下駅に立ち寄ったところ、JR博多運転区(南福岡車両区竹下車両派出(旧竹下気動車区)に車両が停車していた。
この車両基地の目的は保守点検と清掃のためである。保守点検は、当日点検、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年・・・などの経過点検がある。

a0093965_10374779.jpg
a0093965_10380331.jpg
a0093965_10373456.jpg
a0093965_10371626.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-09-03 23:05 | 旅・ドライブ | Comments(0)

室見川橋から見た福岡タワー

過日、料亭「三四郎」に行く折に、室見川橋から見た福岡タワー

福岡タワーは全長234m。海浜タワーとしては日本一の高さを誇る。
福岡市西副都心のシンボル的存在であり、8000枚ものハーフミラーで覆われた正三角形のシャープな外観は「ミラーセイル」の愛称で親しまれている。

地上123mの5階展望室から見る福岡のパノラマ景色は圧巻モノ!


また、夜になると天の川やクリスマスツリーなど季節に合わせ様々なイルミネーションがタワーに点灯し、展望室からは夜景100選に選ばれた眺望を満喫できる。

さらに、福岡タワーは「恋人の聖地」としても認定されている。地上116mの3階展望室には、「誓いのフェンス」がありハート型南京錠を取り付け永遠の愛を誓うことができる。

a0093965_22162018.jpg
a0093965_22165604.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-09-01 22:06 | 旅・ドライブ | Comments(0)

博多新幹線車両基地

過日、観音山(132m)~石割山(167m)~城山(195m)の3座を縦走した折に頂上から見た博多新幹線車両基地(博多総合車両所)。

車両基地の全景を見ることができるのは山歩きして頂上に登った者だけが得られる景観であり、自分だけの「お宝(財産)」である。

正式には西日本旅客鉄道(JR西日本)の新幹線車両が配置されている車両基地および車両工場でのことである。
a0093965_14573327.jpg
a0093965_14581012.jpg
a0093965_14583328.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-08-28 22:06 | 旅・ドライブ | Comments(4)

九州新幹線

昨日、城山(195m)登頂後、福岡市街を眺めていたところ、眼下に九州新幹線の上りの車両が通過していていた。あわててデジカメを取り出し、シャッターを切った。九州新幹線を直下に見ることができる絶景ポイントである。

a0093965_22413156.jpg
a0093965_22421105.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-08-27 22:23 | 旅・ドライブ | Comments(0)

新幹線車両

過日、新幹線博多南駅行きに乗車するために新幹線博多駅15番ホームに上ったところ、新幹線車両が停車していたので撮影した。また、
博多駅から博多南駅までの所要時間はわずか、
8分であるが、下車した折にその車両を撮影した。

a0093965_22360866.jpg
a0093965_22365706.jpg
a0093965_22363928.jpg
a0093965_22374550.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-08-19 22:34 | 旅・ドライブ | Comments(4)

櫛田神社の力石

過日、櫛田神社に行った折に、大鵬、貴乃花等の「力石」コーナーがある。

昔から、各神社でも、卯月相撲が盛んに行われ、多くの有名力士が力自慢に持ち上げた石を数多く奉納した。

文政13年、博多麹屋番に住んでいた怪力相撲取・飛梅(とびうめ)が61才の時に奉納した力石が有名である。神事として石を持ち上げ、力試しを競うという風習があり、ひとつの重さは、80~120kgある。

また、平成12年に御返宮を記念して、近年有名な力士の力石が奉納された。

a0093965_21433037.jpg
↓ 貴乃花の力石 ↓
a0093965_21453965.jpg
a0093965_21440192.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-07-13 21:46 | 旅・ドライブ | Comments(2)