ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:暮らし・生活( 393 )

幸せとは

a0093965_20072796.jpg
幸せの定義はヒトそれぞれだが、下記に列記すると、
*まず、「健康」
*「食事や晩酌が美味しい」
*「家庭円満」
*「安心・満足」
*「あまり背伸びせず、身の丈にあった生活をすること」
*「いろいろな物を欲しがらず、現在の状態で満足すること」
*「 欲望を全て、捨てるのではなく、欲張らないで、与えられた現実を素直に受け入れること」
*「足るを知る(満足することを知る
)」
*「何​か​目標​を​達成​し​たり​欲しい​物​を​手​に​入れ​たり​し​た​時​」
*「恵ま​れ​た​状態​の​こと​で、ある​程度​の​持続​性​があること」


*「
お金や、財、地位、名声などは、満足の逆の「不満」が付いて回る。しかも、得れば得るほど、不満も増大するという悪循環に陥る」
*「確
かに、お金や財、地位、名声といったものは「ないよりはあった方がいいし、幸せの要素の一つではあるが、持続性がない限り、本当の幸せとはいい難い」

個人的には
*生涯現役をモットーにしており、「仕事があること」
*山歩きを趣味にしているが、目指す山に登頂できたとき




幸せとは
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-02-08 20:07 | 暮らし・生活 | Comments(1)

大雪(一面の銀世界)

朝、新聞を受け取りに外へ出てみると、昨夕来の大雪で一面の銀世界であった。近くの安徳公園でも北国のような雪景色であった。
福岡の最高温度が4度、最低気温がマイナス1.8°。
屋内でも朝方で4.9°。

大寒気団の流入で大雪が降り、日本海側の北陸や越後地方では車の立往生や大渋滞が続いている。


↓ 拙宅横の安徳公園(グランド)が一面、白銀の世界 ↓
a0093965_14121143.jpg
↓ 拙宅横の安徳公園の雪景色(下4枚の写真) ↓
a0093965_14023919.jpg
a0093965_14042760.jpg
a0093965_14060860.jpg
a0093965_14091389.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-02-06 14:12 | 暮らし・生活 | Comments(2)

だるま(達磨)

だるまは各家庭に縁起物として飾ってある。
達磨とは達磨大師の座禅の姿にまねた張り子の人形のこと。手足がなく、紅衣をまとった僧の形で、底を重くして、倒してもすぐ起き上がるように作る。商売繁盛・開運出世などの縁起物とされ、最初に片目だけ入れておき、願いごとのかなった時、もう一方の目をかきこむ風習がある。

↓ 下記の達磨は十日恵比寿神社(福岡市)の三社詣りの折に出店で販売用に陳列されていた ↓

a0093965_22281751.jpg
a0093965_22284437.jpg
a0093965_22291891.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-02-05 22:29 | 暮らし・生活 | Comments(0)

終活(終末活動)

a0093965_22382660.jpg
今日のNHK番組総合3チャンネル(PM7:30~8:45)/実感報道ドドド!(今夜は「大討論SP”終活”(終末活動)について討論の模様を放送していた。

*あなたの墓についてどう対処するか~墓じまい
*お金は
*遺産相続は
*延命治療はどこまで
*生と死とは

78歳「今年の11月で79歳(数えで言えば80歳の傘寿を迎える)」になるが、男性の平均年齢が80歳なので残りの人生は数字の上ではあと1年余である。

まだ元気なので平均寿命を1年でも長く生きたいもの。

年齢的にも”終活”(終末活動)について漠然とは考えてはいるが、具体的にどうするかまでは至っていない。

上記の放送を見ながら、本格的にエンディングノート(人生の終末をどう迎えるか)の作成に取り掛からないといけない時期にきていると実感させられた。


終活とは
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-26 22:39 | 暮らし・生活 | Comments(2)

ヤモリ(家守)

天拝山(257m)に登頂後、少し下った地点にあるお社(滝のそばに建っている)に住みついている天拝山の守り神である「ヤモリ(家守)」。

ヤモリとイモリを混同しがちだが、
ヤモリは陸上で棲み、イモリは水中で棲む。 ヤモリは『爬虫類』でヘビやトカゲ などの仲間にあたり、 またイモリは『両生類』で水辺で暮らすカエル、小ハエ等を食べる。


a0093965_21420900.jpg
a0093965_21424183.jpg
a0093965_21430443.jpg
a0093965_21432990.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-21 21:44 | 暮らし・生活 | Comments(4)

三寒四温

a0093965_20353504.jpg
三寒四温とは冬期に寒い日が3日ぐらい続くと、そのあと比較的温暖な日が4日ぐらい続き、寒暖が繰り返される現象をいうが、シニアにとっては体調管理が難しい。

今日も45分くらいウォーキングすると、背中に汗をかき、帰宅してから、着替えたほどである。

もっとも、こうして三寒四温を繰り返しながら、春の季節を迎える。


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-17 20:36 | 暮らし・生活 | Comments(0)

だるま(達磨)

縁起物として「だるま」を初め、かえる(蛙)、ふくろう(梟)等があるが、古来、「だるま」には願をかけたり、縁起物として敬われている。

だるま(達磨)
は古くから起き上がりこぼしという底に重りがついていて、何度倒しても起き上がってくる七転八起の意味もあるとして無病息災や家内安全、その他祈願するという意味の縁起物となっている。

a0093965_22034340.jpg
a0093965_22041354.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-14 22:01 | 暮らし・生活 | Comments(0)

信楽焼き「たぬき」の置物

ウォーキングコースの途中に、某お好み焼きの店頭に信楽焼の「たぬきの置物」がPR(シンボル)として飾られている。

タヌキ」の置物は「八相縁起」と言って、頭にかぶっている「」から「しっぽ」まで八つの利益があると言われている。

たぬき」は「他を抜く」の意味で、「商売繁盛」に繋がり、縁起が良いと言われている。

傘……思はざる悪事災難さけるため用心常に身をまもる傘
目……何事も前後左右に気を配り正しく見つむることな忘れめ
顔……世は広く互に愛想よく暮らし真を以って務めはげまん
徳利…恵まれし飲食のみにこと足利て徳は密かに我につけん
通……世渡りは先ず信用が第一ぞ活動常に四通八達
腹……もの事は常に落つきざりながら決断力の大胆をもて
金袋…金銭の宝は自由自在なる運用をなせ
尾……なに事も終りは大きくしっかりと身を立てるこそ真の幸福


a0093965_21381527.jpg





信楽焼とは
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-11 21:38 | 暮らし・生活 | Comments(5)

年賀状コメント

a0093965_12405987.jpg
年賀状は元日に届くが、2日以降も枚数は少ないが届いている。

今年は戌年ということもあって、コメントで目立ったのは

ワンダフルな年になりますように
ワンダフルな1年を過ごしたい
ワンさか幸せが訪れますように等が多かった。

それと、
「本年をもって年賀状を遠慮させていただきます」
以後の新年の挨拶はご遠慮させていただきます」等も数通あった。

上記以外のコメントは下記します。

*年齢にとらわれない元気日々を送りたい

*夫婦人生、ゆっくり過ごします

*おだやかな幸せあふれる年になりますように

*笑顔満開

*今年の干支、戊戌(つちのえ・いぬ)は古来より、戌(いぬ)は茂るに通じ、草木が充分に繁茂した状態を表すと言われております

*穏やかで幸多き年になりますように

*一昨年は熊本・大分大震災による益城町・南阿蘇などの大きな被害、博多駅近くの道路陥没など、九州は大きな被害を受けました。

*昨年は福岡県朝倉市の大災害があり、復興の目途がたっていない状況です

*昨年の流行語大賞は「インスタ映え」「忖度」の二語が選ばれました。

インスタ映えはスマートホン写真自慢の出来を指し、「忖度」は「森友、加計」問題で

安倍政権の疑惑・私物化を表しています。

*世の中全体的にますます混沌としてきております

*テロの日常化、北朝鮮を筆頭として近隣諸国の厄介かつ異様な行動には手を焼いています。

*希望・感謝

*福岡は住みやすく、人も優しく、環境もいいので死ぬまでここで生きていけそうです

*雨の降る日は雨に酔い、風の吹く日は風に舞うをモットーに過ごしていきます

*今朝酒あれば今朝酔い、明日愁い来たれば明日愁えん(唐詩選)

*明日は明日の風が吹く。目先のことにとらわれず、流れに身を任せ毎日を悠然と生きたい

*戌年に因んで本年がワンだふるな年となるよう祈念いたします

*幾つであっても心は青春の旅

*暦の齢は重ねても心は自在にありたい

*齢七十八、老いて持つ夢の楽しみ

*たくさんのお恵みとよきご縁に深く深く感謝いたします

*超プラス思考を心掛けていきます 

*トランプは世界の警察を放棄し、TPPや温暖化防止にも不参加を表明し、米国ファーストを標ぼうして保護主義(利己主義)に徹している

*山行にもワンワン行きましょう

*サル、酉さわぐ、犬笑うという投資格言がる

*素心蝋梅





[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-06 12:53 | 暮らし・生活 | Comments(2)

寒の入り

a0093965_11541698.jpg
今日は寒の入りである

寒の入り
とは読んで字の如く、寒に入ること。また、その日。1月5日頃を言う。

「2018年の寒の入りは、1月5日から始まり 、2月3日まで続く。

「寒の入り」は二十四節気 の1つの「小寒」(今年は1月6日)の日を指し、二十四節気は 農作業などの目安にするため中国で作られた季節を示す基準である。

このうち「小寒」は、 寒さがしだいに厳しくなっていく頃で、この日を「寒の入り」という。

この後、1年中で 最も寒さが厳しいとされる「大寒」(今年は1月20日)を経て立春になることを言う。


また、「寒」の期間に武道・音曲などで鍛錬のために特別に練習することを「寒稽古」言う。



二十四節気とは
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-01-05 11:53 | 暮らし・生活 | Comments(2)