ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:暮らし・生活( 418 )

フェンス(外柵)

拙宅の鉄製フェンス(外柵)が築39年になり、錆びて歯抜けになりだした。耐用年数からして減価償却済みと判断し、ステンレス製のそれにリフォーム(取り替え)した。

今後の作業は
フェンスの内側の花壇作りに取り掛からなければならない。
a0093965_16431188.jpg
a0093965_16435034.jpg
a0093965_16423841.jpg

[PR]
by taminamikawa1 | 2018-11-10 16:44 | 暮らし・生活 | Comments(0)

2018年度新語・流行語候補

「現代用語の基礎知識選2018ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が7日、発表された。

・あおり運転(高速道路などでのあおり運転が社会問題に )
・悪質タックル(日大アメフト部監督の指示によるタックルが問題に)
・eスポーツ(ゲームの腕を競う競技。次のアジア大会で正式種目に)
・(大迫)半端ないって(サッカー日本代表・大迫勇也をたたえる言葉 )
・おっさんずラブ(男性同士のピュアな恋愛模様を描いたドラマ )
・GAFA(ガーファ)(米国のIT大手4社の頭文字を並べた言葉 )
・仮想通貨/ダークウェブ)(巨額の仮想通貨が盗難される事件が発生 )
・金足農旋風(夏の甲子園で秋田代表・金足農業高校の活躍が話題に )
・カメ止め
・君たちはどう生きるか
・筋肉は裏切らない
・グレイヘア
・計画運休
・高プロ(高度プロフェッショナル制度)
・ご飯論法
・災害級の暑さ
・時短ハラスメント(ジタハラ)
・首相案件
・翔タイム
・スーパーボランティア
・そだねー
・ダサかっこいい/「USA」
・TiTok
・なおみ節
・奈良判定
・ひょっこりはん
・ブラックアウト
・ぼーっと生きてんじゃねえよ!
・♯MeTop
・もぐもぐタイム




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-11-08 22:24 | 暮らし・生活 | Comments(2)

運転免許更新

79歳にして運転免許更新をするべきかどうか迷ったが、結論として更新した。
3年ごとに更新なので、次回の更新は82歳。その後についてはその時に考えたい。

免許証を取得したのは1967年(昭和42年)で、運転歴は約半世紀(51年)になる。

車は買い物・病院・パソコン教室・趣味(登山)等に欠かせない。

ちなみに、マイカーはホンダ/シビック、1966年(平成8年)から乗っているので、今年で23年目になる。車の調子は良いので、来年6月の車検を受け、乗り続けたい。

a0093965_20404622.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-29 20:41 | 暮らし・生活 | Comments(2)

実るほど頭を垂れる稲穂かな

すでに早期米は刈り取られているが、6月に田植えされた稲穂は今、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の如く、実っている。
この実っている稲穂を見ると、「平和と幸せ」を感じると同時に、瑞穂(水穂)の国(日本)の平穏と発展を願わずにはおれない。

a0093965_12180398.jpg
a0093965_12224878.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-06 12:12 | 暮らし・生活 | Comments(2)

那珂川市コミュニティバス「かわせみ号」

那珂川市コミュニティバス「かわせみ号は2009年(平成21年)10月1日に運行を開始し、今年で10年目を迎える。
運賃は一律、150円、但し、高齢者は100円。

かわせみ号の名前の由来は、那珂川町の鳥である「かわせみ」由来する。

a0093965_13275792.jpg

a0093965_13281643.jpg
a0093965_13283125.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-05 13:28 | 暮らし・生活 | Comments(0)

裂田の溝(さくたのうなで)公園

昨日、那珂川市になって初めての歩こう会で裂田の溝(さくたのうなで)公園に行った。
裂田の溝公園は「憩いと安らぎの場の確保」をテーマに、井尻・別所・山田区の人たちのための広場である。
裂田の溝公園
この公園に未来を創る子どもたちが裂田溝に愛着を持ち、美しい景観をずっと守ってもらいたいという思いから名付けられた。

面積は約11,000平方メートル 駐車場/43台。
公園は、5つのエリアで構成されている。
1)幼児広場/幼児遊具4基
2)児童広場/児童遊具2基
3)多目的広場/広さは約4,000平方メートル。周囲には1周約300メートルのジョギングコースがあり、グラウンドゴルフや地域のイベントなどでも利用できる。
4)球技広場/周囲は高さ4mのフェンスで囲まれており、ボール遊びなどが楽しめる。

5)憩いの広場/裂田溝沿いに休憩所を設置。公園から裂田溝やシバザクラを眺めることができる。
a0093965_20502372.jpg
a0093965_20511852.jpg




[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-04 20:51 | 暮らし・生活 | Comments(0)

那珂川市誕生

本日(10月1日)、那珂川市が誕生した。
那珂川町は1956年(昭和31年)3村(南畑村、岩戸村、安徳村)合併で発足し、63年で那珂川市になった。
ちなみに、昨日時点での人口は5万264人。

福岡県の中西部の筑紫地域に位置する「那珂川町」の名前は、福岡市の中心を流れる河川として有名な「那珂川」に由来している。その名の通り、豊かな水、自然に恵まれている。

新幹線博多南駅からJR博多駅まで8分で通勤できるし、運賃も300円で新幹線に乗車できる。都心へのアクセスの良さ、利便性に人気が高い。

a0093965_21280524.jpg
a0093965_21300108.jpg
a0093965_21290808.jpg



那珂川市誕生を祝う小生
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-10-01 12:00 | 暮らし・生活 | Comments(4)

赤米(古代米)

糸島吉井地区で作られている赤米(古代米)を見学し、試食した。赤米は試食した感じでは雑穀米に近い。

赤米についてインターネットで調べると、
赤米は古代米の種類の一つで、玄米の色が赤褐色で果皮、 種皮の部分に赤色色素(タンニン系)を含んだ米である。
5分づきにすると薄紅色になり、糠を全て取り除くと白米になる。 野生稲の大部分が赤米であることから赤米は米のルーツであり、 赤飯の起源と考えられている。

↓ 手前の赤い稲穂が赤米で、奥の黄緑の稲が現在、農家で作られているもの 
a0093965_09260556.jpg
↓ 赤米を栽培・販売されている農家から、頂いた赤米(稲穂) ↓
 
a0093965_09304791.jpg
↓ 赤米を試食した ↓
a0093965_09321582.jpg


[PR]
by taminamikawa1 | 2018-09-20 09:23 | 暮らし・生活 | Comments(2)

普通自動車免許高齢者講習会

80歳の傘寿を前にして、普通自動車免許高齢者講習(認知機能検査、高齢者講習、実技等)を受講した。

(1)認知機能検査(1時間)~70歳~100点の範囲内で認知機能の心配はないとの判定が出た。
   手数料 750円
(2)高齢者講習(2時間)~双方向型講義、実車(実技)、運転適性検査 【受講料 5100円】
(3)①②の高齢者講習終了証明書、認知機能検査結果通知書、免許証等を福岡県公安委員会(花畑)に提出      し、新免許書を受領する。
(4)3年間の運転ができるので、2021年まで適用
(現在、79歳なので82歳まで運転可)
    

a0093965_21222302.jpg
a0093965_21225733.jpg
a0093965_21232552.jpg



[PR]
by taminamikawa1 | 2018-09-15 21:23 | 暮らし・生活 | Comments(2)

ロボット案内人

天神地下街を北から南へ移動していたところ、ソフトバンク店のロボット案内人が迎えてくれた。通りがかりの子供たちにも人気がありそうだ。

これから、お店の広告塔(アイドル)になりそうである。結構、PR効果もあるのでは・・・


a0093965_22332079.jpg




グリーンホテル博多でもロボット君が
[PR]
by taminamikawa1 | 2018-09-09 22:31 | 暮らし・生活 | Comments(0)