人気ブログランキング |
ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:登山、ハイキング( 822 )

セリバオウレン(芹葉黄連)の花

今月13日(水)、四王寺山【大城山(410m)~大原山(355m)】登山の折に、登山道から少し山あいに入った地点(特別史跡に指定されている大野城址「小石垣」近く)に寒い時期にだけ咲く「セリバオウレン(芹葉黄連)の白い花」を見かけた。

山林内の日陰から半日陰の場所で、ちょっ と湿気のあるところに咲く。

ちなみに、花言葉は
「揺れる心」

↓ 四王寺山のセリバオウレン(芹葉黄連)の花 ↓
a0093965_21482418.jpg
↓ セリバオウレン(芹葉黄連)の花【季刊 のぼろ(2019冬 Vol 23)に掲載から借用しました】 ↓
a0093965_21565970.jpg
↓ セリバオウレン(芹葉黄連)の花(下記の2枚の写真)【季刊 のぼろ(2019 冬 Vol 23/P42~P45)に掲載から借用しました】
a0093965_22030660.jpg
a0093965_21592527.jpg




セリバオウレンの花が咲く九州の山は
by taminamikawa1 | 2019-02-18 21:37 | 登山、ハイキング | Comments(0)

叶岳~高地山~高祖山の3座周回登山

A山の会2月度例会は絶好の登山日和のもと、福岡市西区の叶岳(341m)~高地山(419m)~高祖山(416m)の3座周回登山をした。
平地では10度であるが、叶岳頂上(341m)の温度は5度で、風も吹いていた関係もあってか、昼食時は手がかじかんで寒いぐらいであった。
ちなみに、温度は100m標高が上がる毎に0.6度、下がる。
歩行距離は13km、歩行時間は5時間。

↓ 今宿野外センターから登山口を目指す ↓
a0093965_22145285.jpg
↓ 叶嶽吉野谷登山口をスタート ↓
a0093965_22151917.jpg
↓ 1座目の叶岳 ↓
a0093965_22160274.jpg
↓ 叶岳山頂の温度は平地の半分の5度で寒いくらいであった ↓
a0093965_22220812.jpg
↓ 2座目の高地山 ↓
a0093965_22183509.jpg
↓ 3座目の高祖山 ↓
a0093965_22195790.jpg
↓ 3座周回登山コースのスケジュール(K氏作成) ↓

1、集合時間と場所は、10時丁度に姪浜駅北口コミュニティバス乗り場

2、バス10:10発・・・叶岳宮前バス停着10:36

3、叶岳宮前登山口発   10:45

4、叶岳山頂(341m) 11:45(ここで昼食)12:30発

5、高地山山頂(419m)13:30

6、高祖山山頂(416m)15:00

7、今宿野外センター着  16:00・・・約5時間の山行

8、今宿野外センターバス発16:10








高祖山での記念写真
by taminamikawa1 | 2019-02-17 22:23 | 登山、ハイキング | Comments(2)

四王寺山一周登山

今月13日(水)に太宰府政庁跡駐車場にAM9:00集合し、四王寺山(岩屋山/281m~大城山/410m~大原山/355m~焼米ケ原/264m)4座の周回登山をした。
一周のコース時間は約4.5時間。

a0093965_22224593.jpg
a0093965_22253449.jpg
a0093965_22241651.jpg
a0093965_22272863.jpg
a0093965_22292294.jpg
a0093965_22301952.jpg
a0093965_22320389.jpg
a0093965_22330422.jpg









by taminamikawa1 | 2019-02-16 22:10 | 登山、ハイキング | Comments(0)

片縄山

日本列島は大寒波の襲来で北海道道北部ではマイナス30~40度という経験したことのない気象条件ではあるが、南国九州・福岡では最高気温11度・最低気温6度の曇り空という登山日和である。

妻がプールに泳ぎに行くと言うので、それならと、市内の低山で私が初めて登った片縄山(292m)を目指した。登りやすい山で多くの山歩き愛好家とすれ違った。
登りが1時間、下りが50分の2時間もあれば登頂できる手ごろな山である。


a0093965_16201305.jpg
a0093965_16265287.jpg
 ↑  頂上の温度は5度 ↑
a0093965_16400786.jpg
(AM10:30にスタート、12:50に下山、総所要時間は1時間50分)

a0093965_20535630.jpg
(頂上から見た福岡市街地&玄界灘)

a0093965_20560556.jpg
(アイランドシティのビル)


マイ山歴
by taminamikawa1 | 2019-02-08 16:22 | 登山、ハイキング | Comments(0)

登山家三浦雄一郎氏の挑戦は続く

アルゼンチン西部にある南米最高峰アコンカグア(6959m)への登頂を体調不良のため断念した登山家三浦雄一郎氏(86歳)だが、「人類の年齢的な限界を超えてみたい」として、究極の夢と位置付ける「90歳でエレベスト」登頂を発表した。
「何歳になってもチャレンジするのが人生で大事である」と・・・。

86歳にしてこの元気さ・勇気・冒険心・フットワーク(行動力)・体力・体幹・挑戦意欲には脱帽であり、見習いたいもの・・・。

a0093965_22173723.jpg



by taminamikawa1 | 2019-02-06 22:11 | 登山、ハイキング | Comments(4)

糸島市の立石山登山を楽しむ

7年前に登った福岡県糸島市の立石山(210m)にA山の会メンバー5名(男性3名、女性2名)で登った。
立石山は博多湾と唐津湾に挟まれるように突き出ている糸島半島の西端に海抜0mの海からそそり立っている。
海からの潮風を受けながらの岩稜歩きはミニ大崩山(1643m/宮崎市)を思わせる。
低山ながら立石山(210m)は海の眺めあり、奇岩・巨岩ありの変化に富んだ山である。

a0093965_21360607.jpg
a0093965_21363887.jpg
↓ 奇岩・巨岩 ↓
a0093965_21371812.jpg
a0093965_21382017.jpg
a0093965_21390105.jpg
a0093965_21393411.jpg
a0093965_21400872.jpg
↓ 眺望は抜群(空の青、海の青、白い波のグラデーション) ↓
a0093965_21433658.jpg
a0093965_21425954.jpg








立石山登山スケジュール(マイ山歴)
by taminamikawa1 | 2019-01-29 21:28 | 登山、ハイキング | Comments(4)

四王寺山(大城山~岩屋山)

朝次郎山の会「新年登山」は大野城市の四王寺山大城山410m岩屋山281m)であった。
登頂後、風呂でリフレッシュし、新年会をした。
総歩数は17000歩、総kmは20km

a0093965_20520457.jpg
a0093965_20524101.jpg
a0093965_20532439.jpg





四王寺山(大城山、岩屋山)
by taminamikawa1 | 2019-01-08 20:49 | 登山、ハイキング | Comments(0)

夫婦地蔵

観音山(132m)、石割山(167m)の登山口である観音山大徳寺(福岡県那珂川市大字中原467 )の境内に、夫婦地蔵がある。

今年、結婚して50年を祝う金婚式を迎えるので、夫婦地蔵・夫婦岩・夫婦杉等をブログにアップするようにしている。


a0093965_21283913.jpg


観音山大徳寺
by taminamikawa1 | 2019-01-07 21:06 | 登山、ハイキング | Comments(0)

観音山・石割山・城山

新年初登山は那珂川市内の低山である観音山(132m)~石割山(167m)~城山(195m)縦走。
3座とも北半分(180度)の眺望が良い。福岡タワー・ドーム球場、福岡市街地、玄界灘、能古島が良く見える。

↓ 1座目の観音山(132m) ↓
a0093965_21052669.jpg
↓ 観音山から見た福岡市街地 ↓
a0093965_21132098.jpg
↓ 2座目の石割山(167m) ↓
a0093965_21101633.jpg
↓ 石割山(167m)から見た福岡市街地 ↓
a0093965_21154859.jpg
↓ 3座目の城山 ↓
a0093965_21183792.jpg
↓ 城山からの眺望(福岡市街地) ↓
a0093965_21195546.jpg



マイ山歴
by taminamikawa1 | 2019-01-03 20:59 | 登山、ハイキング | Comments(2)

大徳寺

通称の呼び名は大徳寺であるが正式には観音山 大徳寺()[大徳密寺] 真言宗である。

a0093965_21111440.jpg

大徳寺は密教(真言宗)のお寺で、明治35年に徳永義善法印が夢で観音山の霊気を感じ、草を刈って庵を結んだのが始まりである。

お堂や境内には多くの仏像をはじめ、弘法大師所縁とされる場所や品々がのこされている。 その他、稚児落としやほてい岩、屏風岩、烏帽子岩などの奇岩が多くあり、 独特の景観を醸し出している。 桜の名所としても有名。

弘法大師お手植松跡

弘法大師は観音山が後世に密教の道場になることを予言し、 一本の松を植えたと伝えられているが、その松は枯れてしまい、現在は松の切株が本堂前に置いてある。

a0093965_21170965.jpg


by taminamikawa1 | 2018-12-26 21:33 | 登山、ハイキング | Comments(0)