人気ブログランキング |
ブログトップ

日々是好日

taminami.exblog.jp

カテゴリ:健康( 152 )

人生100年時代の新・養生訓

a0093965_11114305.jpg
福岡市の原土井病院理事長、原寛さん(86歳)が「元気100倶楽部」を設立された。

聖路加国際病院(東京)の名誉院長だった日野重明さんと福岡藩の儒学者・貝原益軒に共通する健康長寿の秘訣を「新・養生訓」としてまとめた。

そのなかに、「悪い習慣を防ぐ10の方法」がある。
元気で長寿のためにも参考にし、実践したい。

1.喫煙をしない
2.飲酒は適度な量で(1日ビール350ミリリットル、酒0.7合)
3.上手な休養を(趣味やスポーツ、十分な睡眠)
4.食べる量は腹八分目
5.肉より魚介類・野菜を多く取る
6.カルシュームとビタミンD、果物を摂る
7.塩分は控えめに、熱い物にも注意
8.植物性の脂質を取ろう
9.よくかんで食べる

10.適度な運動を
(65歳以上はウォーキング/8000~1万歩、自転車なら20分程度)



新・養生訓
by taminamikawa1 | 2018-11-13 11:12 | 健康 | Comments(2)

平均寿命と健康寿命

a0093965_12200644.jpg

11月11日は介護の日。
日本の65歳以上の高齢者人口は3514万人で、総人口に占める割合は27.7%で過去最高である。
ちなみに、
男性の平均寿命は80.98歳で、健康寿命は72.14歳。
女性の平均寿命は87.14歳で、健康寿命は74.79歳。

今や、人生100年時代を迎えたと言っても過言ではない。

健康寿命とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」を言う。
平均寿命と健康寿命には、
男性で約9年、女性で約12年の差があり、入院などを含めた何らかの介護を必要とする「不健康な期間」があることを意味している。

身体・精神の両面で健康で長生きしたいもの。


by taminamikawa1 | 2018-11-11 12:23 | 健康 | Comments(2)

救急車

過日、ウォーキング中に救急車が通るのを見かけた。最近、重病でないにもかかわらず、タクシー代わりに救急車を使うため、本当に重病・重傷者の搬送に支障をきたしていると聞く。

例えば、
救急車を呼
んだほうがよいかわからない」、「救急車を呼ぶほどではないけれど相談したい」、「救急車を呼ぶほどではないけど受診したい」ときは下記に電話して相談すると良い。

救急車を呼ぶ前に、本当に救急車を呼ばなけばならないかを下記の番号に電話をかけ、相談する。
福岡県の場合、「福岡県救急医療情報センター」#7119(2016.6月より)または092‐471‐0099に電話してみる。
a0093965_21351722.jpg


by taminamikawa1 | 2018-09-05 21:36 | 健康 | Comments(2)

健康診断結果表

a0093965_20313909.jpg

過日、特定健康診断を受診したその結果が出た。
結果を見る心境は学生が学期末に成績表を見るのと同じである。
どこか悪い個所はないかと「ひやひやもの」である。

正直のところ、数えの80歳/傘寿ともなると、悪いところがないのが不思議である。

良いところは別にして、悪い個所は
①血圧が基準値より少し高い
②糖代謝が基準値より少し高い~カロリーオーバーにならないように注意したい
③資質代謝(LDL(悪玉)コレストロール(70~119)が164と異常に高く、要医療の必要あり

特に悪玉コレストロールを下げる食事療法と運動を行って、早急に基準値内に戻したいもの。


by taminamikawa1 | 2018-08-31 20:48 | 健康 | Comments(4)

蓄膿症(副鼻腔炎症)

a0093965_16184120.jpg
(左記の写真はインターネットからお借りしました)

昨日、数年前から、鼻づまりが続いていたので
しらつち耳鼻咽喉科医院」(福岡市南区外環状線バス停/三宅中央公園前)で診察を受けた。

その結果、病名は副鼻腔炎」「蓄膿症とのことで、下記の4種類の薬を5日分、処方してもらった。次回の受診日は1月15日。

処方してもらった薬は
①ベタセレミン配合錠(炎症を抑える薬)朝1錠、夕1錠
②カルボシステイン錠(膿を出しやすくする薬)朝昼夕後、各2錠
③ジェニナック錠(細菌の感染を抑える薬)朝 2錠
④プランルカストカプセル(アレルギーを抑える薬、気管支の収縮を抑える薬)朝夕、各2錠

蓄膿症とは鼻の副鼻腔という空洞部分に炎症が起こる副鼻腔炎が慢性化した病気 のことをいう。別名「慢性副鼻腔炎ともいい年齢問わず発症する。骨格 や、アレルギー性副鼻腔炎が長引いてしまうと、炎症により粘膜が厚くなることなどが発症に関連していると言われている。







蓄膿症(副鼻腔炎症)とは
by taminamikawa1 | 2018-02-11 15:35 | 健康 | Comments(1)

特定健康診断

健康の秘訣は病気の早期発見、早期治療である。その手段として、年1回の健康診断を受けた。75歳以上の特定健診は保健センターで①胸のレントゲン検査、②胃の透視(バリウムを飲んでの検査)、③検便(大腸ガンの早期発見)、④血圧、⑤問診等であった。
結果が判明するのは1ケ月後に郵送されてくる。

上記以外の一般検診は近くの医院で受診した。①血液検査、②尿検査、③身長、体重等。

この他に、別の日に腹部のエコー検査を受けた。これで分かる病名は肝臓、腎臓、膵臓、脾臓等の病気。


a0093965_20492566.jpg
a0093965_20502410.jpg
a0093965_20504833.jpg



特定健康診査とは
by taminamikawa1 | 2017-11-10 20:52 | 健康 | Comments(0)

2017健康スポーツフェスタ

今日は体育の日。那珂川町では2017健康スポーツフェスタと銘打って、16種類のメニュー(内容)が町内の各エリアで開催された。
ちなみに、私はまず、体育館で自分の体力を知ることが先決だと考え、体力測定を行なった。
メニューは
①握力測定
②反復横跳び
③上体起こし
④長座体前屈
⑤立ち幅跳び
⑥片足立ち~2分間、立ち続け合格点。
⑦体成分分析~筋肉量、基礎代謝、体のバランス等を測定


a0093965_16472198.jpg
↓ 参加賞(タオル) ↓
a0093965_16481617.jpg
↓ 参加賞としてボウリング無料券を2枚いただく ↓
a0093965_16475360.jpg

by taminamikawa1 | 2017-10-09 16:48 | 健康 | Comments(0)

TANITA体組成計で健康診断

a0093965_20085400.jpg
【左記の写真はTANITAマルチ周波数体組成計です】
特定健康診断の一環として那珂川町保健センターで体組成健康診断を受けた。
体組成計に乗り、左右の棒を握りしめ、年齢、性別、身長・体重を入力すれば、下記の結果がリアルタイムで計測され、プリントされる。
ちなみに、所要時間は約1分で済む。

★全身チェック
*体重;標準範囲内【肥満、軽肥満、標準(18.5~24.9の範囲内)、やせ】
*体脂肪率;標準範囲は14.0~24.9%
*脂肪量; 標準範囲は7.7~15.7kg
*筋肉量; 標準範囲は41.6~48.8kg
*推定骨量;2.5~3.2kg

★BMI、アスリート指数、基礎代謝量、内臓脂肪レベル
*BMI;やせ、普通、肥満1、肥満2
*アスリート指数;スタンダード~アスリート
*基礎代謝量(BMR);燃えにくい、標準、燃えやすい
*内臓脂肪レベル(VFR);標準、やや過剰、過剰

★部位の分析
●筋肉総合評価;少ない、標準、多い
*体幹部;少ない、標準、多い
*左腕;少ない、標準、多い
*右腕;少ない、標準、多い
*左脚;少ない、標準、多い
*右脚;少ない、標準、多い

★体脂肪総合評価;少ない、標準、多い
*体幹部;少ない、標準、多い
*左腕;少ない、標準、多い
*右腕;少ない、標準、多い
*左脚;少ない、標準、多い
*右脚;少ない、標準、多い

★ボディバランス
●筋肉量左右バランスチェック
*左腕
*右腕
*左脚
*右脚

●脚部筋肉量点数




TANITAマルチ周波数体組成計
by taminamikawa1 | 2017-10-06 20:09 | 健康 | Comments(2)

日本人平均寿命、世界第2位

a0093965_14335774.jpg
【左記の写真は過日、雷山(955m)登頂記念の小生】

現在、77歳の喜寿であるが、あと3年長生きすれば、平均寿命に並ぶ。健康に恵まれているので、東京五輪までは生き延びたい。

厚労省が2016年度の日本人の平均寿命は
女性が87.14歳
男性が80.98歳
となり、いずれも過去最高を更新したと公表した。

男性が世界4位から順位を上げ、女性とともに香港に次ぐ第2位となった。

15年前と比べると女性は0.15歳、男性は0.23歳のプラスとなり、5年連続の延びとなった。


by taminamikawa1 | 2017-07-29 14:34 | 健康 | Comments(2)

尊厳死か安楽死か・終末期医療を考える

a0093965_22012907.jpg
私のモットーはPPK(ピンピンコロリ)であるが、人間、想定通りにいかないのが人生である。

なくなる直前まで元気に活動するのがピンピンコロリ(PPK)の人生であり、不幸にして長期の寝たきりになって亡くなるネンネンコロリ(NNK)である。

ピンピンコロリ(PPK)やネンネンコロリ(NNK)以外にも、「終末期医療(延命治療をしての死、尊厳死か安楽死)」の選択を迫られるケースがある。

尊厳死とは死期を引き延ばすだけの延命措置をしない、または中止し、自然な死を迎えることをいう。

一方、安楽死とは薬物投与で積極的に死をほう助するこをいう。

一般的にはできうる限りの延命治療をする。私の両親の場合がそうであったように・・・。

よく問題になるのが「延命中止と犯罪の境目は~死期が迫った患者への延命措置中止は犯罪行為(殺人容疑?)なのか・・・」

法律問題を含めてよく考えなければならない。



by taminamikawa1 | 2017-07-07 22:03 | 健康 | Comments(0)